Original

沼津には素敵なBARがいっぱい! 沼津の新しい“大人のおもてなし”「NUMAZU BAR TRIPS」

新鮮な海の幸が集まる沼津港や雄大な富士山など、昼間の観光のイメージが強い沼津。でも実は、日帰りではもったいないほど、雰囲気抜群の本格的なBARがたくさんある。誰でも気軽に楽しめるよう、タクシー会社や宿泊施設、地元企業などと連携し、沼津の「BAR文化」を盛り上げているので、素敵な夜を過ごしてみては。

専門的なバーテンダーがいる昔ながらの本格的なBAR“オーセンティックバー”が多く点在する沼津。熟練のバーテンダーが作る自慢のカクテルや雰囲気ある店内など、もっと気軽に沼津の「BAR文化」を楽しんでもらえるように、「NUMAZU BAR TRIPS」では様々な取り組みを実施している。
【NUMAZU BAR TRIPS】


《NUMAZU BAR TRIPS 参加店舗》

●Frank Bar(フランクバー)
http://www.numazu-bar.net/bar_frank.html

●梅邑Bar(うめむらバー)
http://www.numazu-bar.net/bar_umemura.html

●VICTORY(ビクトリー)
http://www.numazu-bar.net/bar_victory.html

●Restaurant&Salon Ninoe(ニノエ)
http://www.numazu-bar.net/bar_ninoe.html

●TOM'S BAR(トムズバー)
http://www.numazu-bar.net/bar_toms.html

●BAR NELSON(バーネルソン)
http://www.numazu-bar.net/bar_nelson.html

●The BAR BREEZE BLUE(ザバーブリーズブルー)
http://www.numazu-bar.net/bar_breezeblue.html


NUMAZU BAR TAXI

BAR TAXIの目印はこのマーク

講習を受けた「NUMAZU BAR TAXI 認定乗務員」がコンシェルジュとして、沼津市内のBARや各店自慢のカクテルを紹介。会話を楽しみながら、その人に合ったBARに案内してくれる。分かりにくい場所や隠れた名店も、沼津のまちに精通した乗務員にお任せ。


また、沼津名産の寿太郎(じゅたろう)みかんを使用したオリジナル記念カクテル「イコロ」を各店で味わうことができる。フレッシュな寿太郎みかんとミントの爽やかさが魅力。
【NUMAZU BAR TAXI】


BARチケット付宿泊プラン

この事業に参加している宿泊施設を利用すると、沼津市内指定のBARにてオリジナルカクテル「黄昏図(たそがれず)」が1杯無料で味わえる宿泊プラン。
【BARチケット付宿泊プラン】


歌川広重が東海道五十三次で描いた「沼津 黄昏図」は、月に照らされた沼津宿と、狩野川に架かる三枚橋を渡ろうとする旅人の姿を描いたもの。この浮世絵をイメージしたオリジナルカクテルは、ウイスキーとピーチリキュール、寿太郎みかんジュースなどを入れて、沼津の黄昏時の温かさが表現されている。


《利用できる宿泊施設》

●沼津グランドホテル
https://www.numazu-grand.co.jp/

●ココチホテル沼津
http://www.cocochee.jp/

●ホテル・エルムリージェンシー
http://www.htl-ermou-regency.jp/

●静鉄ホテルプレジオ沼津
http://www.hotel-prezio.co.jp/numazu/


沼津BAR企業コラボカクテル

沼津市をビジネスで訪れる方をおもてなしする目的で、沼津市内に本社や支店がある企業とコラボレーションして作った、沼津でしか味わえないオリジナルカクテルが誕生。

「株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 沼津ラクーンよしもと劇場」とコラボしたカクテル「スマイル ゲート」は、“笑う門には福来る”がコンセプト。


「株式会社関電工 静岡支社」とコラボしたカクテル「ミライ・リレー」は、“未来に向かう企業へ”がコンセプト。


また、10月には新しく、沼津をホームタウンとするJ3のサッカークラブ「アスルクラロ沼津」とコラボしたカクテル「アスルアレーグレ」も誕生。試合のあとは“元気なアスル”を意味するカクテルで、勝利の美酒に酔いしれよう。