このグルメガイドは、静岡県富士宮市が運営する「富士宮やきそば&フードバレー公式ガイド」です。自然環境に恵まれた富士宮市には、ご当地ならではの食材や名物グルメがいっぱい。豊かな「食=フード」が集まる場所という意味で「フードバレー構想」を掲げ、食を通じて富士宮市の魅力をお届けします。

カテゴリーから探す

新着スポット

富士ミルクランド(イオンモール富士宮・専門店街)

スイーツ / 買う / 乳製品
富士宮市 浅間町1-8 イオンモール富士宮1階

チキンハウス青木養鶏場

富士宮市 / ブランド肉・魚
富士宮市 宮原541-5

コトノネカフェ

食べる / 富士山&観光
富士宮市 西町25-2 西町商店街

新稲子川温泉ユー・トリオ

東部 / フードバレーふじのみや / 静岡県温泉協会 / 日帰り / 塩化物温泉 / 富士山&観光
富士宮市 上稲子1219

いちごやさん

直売所 / 富士山&観光
富士宮市 外神380

白糸ノ滝・有料駐車場

駐車場 / 富士宮観光 / 富士山&観光 / お役立ち情報
富士宮市 上井出273-1

浅間大社/第1駐車場

駐車場 / 富士宮観光 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / お役立ち情報
富士宮市 宮町1-1

浅間大社/第2駐車場

駐車場 / 富士宮観光 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / お役立ち情報
富士宮市 宮町1-1

富士宮駅前交流センター駐車場(有料)

富士宮市 / 駐車場 / 富士宮観光 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / お役立ち情報
富士宮市 中央町151-11 

ティコ(酪農家の直売店)

スイーツ / 買う / フードバレーふじのみや / 乳製品
富士宮市 下条282

新着イベント

フードイベント
富士宮産食材を楽しむ大会 宮町まつりストリートバーベキュー
 2017/06/18 () 10:00 〜 16:00 カレンダーに追加
宮町通り歩行者天国、宮町商店街

新着コラム

年4回、開催予定の「 ホコ天イベント 」。 いよいよ第1弾が 6/18(日)に行われるよ。【 宮町まつり ”ストリートバーベキュー” 】
  • 富士宮市では2017年度に「宮町通り」を歩行者天国(ホコ天)にするイベント企画 「宮町まつり」を、6月・9月・12月・3月の年4回予定している。イベント内容はそのつど違うのだけど。先陣をきって6月18日(日)に開催するのが 【 富士宮産食材を楽しむ大会 】「 宮町まつり ・ ストリートバーベキュー 」 なのだ。タイトル通り富士宮産食材を使った出店を筆頭に、いろんなお楽しみが盛りだくさんに集まってくるよ。< COMING SOON >

    [続きを読む]

[更新] 2017-05-15

大胆リニューアルした 【 GO OUT JAMBOREE 2017 】 で [富士宮大物産展エリア] が沸きかえる。会場レポート vol.2
  • アウトドア雑誌 「GO OUT」 の発行10周年記念を機に、富士宮市の「ふもとっぱら」で長年開催していた 「GO OUT JAMBOREE」 は新しく生まれ変わりました。これまでのシャレオツでゆるいキャンプイベントのコンセプトはそのままに、会場レイアウトなどを大幅に見直し、魅力度や快適性をアップデート。「富士宮大物産展エリア」においても、ブランドアヴェニューのあるメインストリート沿いに移動し、注目度や話題性がイッキに上昇しました。

    [続きを読む]

[更新] 2017-05-08

宿泊できる会場も合計3ヶ所になりました。選択肢がふえ、これまで以上の精彩を放つ。【 GO OUT JAMBOREE 2017 】 レポート vol.1
  • 富士山西麓、富士宮市の自然体験・休暇施設 「ふもとっぱら」で長年開催している 「GO OUT JAMBOREE」 が、「GO OUT」 マガジン(三栄書房)の発行10周年記念を機に、新しく生まれ変わりました。いちばん大きな刷新ポイントといえるのが、宿泊できる会場を3ヶ所に拡充したこと。これは数多くのキャンプ施設等を有する富士宮市にとってもうれしいニュース。今後さらに会場や関連先が増加し、広域的な街ぐるみのイベントになる可能性が高まったと思えるからだ。

    [続きを読む]

[更新] 2017-05-08

にじます入りのお菓子ってどういうこと? 富士宮限定のゆるかわスイーツ「しゃれて鱒」
  • 地域の特産食材をつかったお菓子は特にめずらしいものではない。が、その食材がにじますとなると話は別だ。富士宮市の魚として制定されているにじますを粉末にして生地に練りこむという、初めて聞いたときにはちょっと、いやかなり驚くそのお菓子の名は「しゃれて鱒」。市内の菓子店が共同開発し、4店舗で製造・販売中。

    [続きを読む]

[更新] 2017-03-30

にじますのおいしい食べ方を知りたい! 生産者に聞く、おすすめの調理法はこちら
  • 富士宮市の魚、にじます。富士宮市で生産が活発になったのは、なんといっても富士山の伏流水という地理的なプラス要素があったことが大きい。昭和中頃には海外向けの輸出量が増加し生産量もプラス。現在、富士宮市のにじます生産量は全国でトップクラスだ。とはいえ、なじみのない人からは「にじますをどんなふうに食べるの?」という声も。ここではにじますの調理法、アレンジ法の一例を紹介します。

    [続きを読む]

[更新] 2017-03-30

ご存知でしょうか 【 村山人参 】。幻の人参と言われるけれど、ホントに根絶やしてはダメなやつ。
  • 「幻の焼酎」とか「幻の焼きそば麺」なんて、表現をよく目にするけど。その多くは販売関係者による、単なる宣伝文句。ウソ臭いし、作為的な匂いがビンビン物語。あくまで消費者サイドの見解で語られるべきもの。しかし、この「幻の人参」と呼ばれる「村山人参」は本当の希少品。実質的に栽培農家は一軒だけなんですから。味だっていい。何故もっと話題にならないのか不思議。ともかく「村山人参」は富士宮の野菜良品なんですよ。食べて知ってくださいね。

    [続きを読む]

[更新] 2017-03-24

「まかいの日帰りグランピング」で、至れりつくセリのバーベキュー体験
  • 朝霧高原にある「まかいの牧場」といえば観光牧場として有名。でも、実はここで日帰りのグランピング体験ができるって知ってました? インテリアまでばっちりそろえたおしゃれなテント、富士山を眺められるウッドデッキ。たき火を囲んでランチやティータイムを楽しむ、そんな贅沢な体験が人気を集めています。

    [続きを読む]

[更新] 2017-03-13

【 クイズ・富士宮やさい 】 さて、コレはどんなものを栽培しているところでしょうか? 
  • 全国各地からの梅便り、桜便りが気になるこの頃。富士宮では「狩宿の下馬桜」の開花が心待ち。ただ春先はボ~としがち。なんか眠いし、花粉も飛ぶし。ここは一つ「クイズ」で頭をシャッキっとしてもらいましょう。農産物、農産加工品、畜産品、乳製品、酒蔵など、富士宮には「美味しいもの」が多種多彩、驚くほど豊富にあるけど。いつも食べているのに、実はちゃんと知らないモノも少なくない。このクイズ・シリーズで学んでくれると、もっと富士宮を好きになるはずだ。

    [続きを読む]

[更新] 2017-03-09

シルバーグランプリ (2位)受賞を、須藤富士宮市長に報告しました。【 B-1グランプリ in 富士:後記 】 by 富士宮やきそば
  • 2017年2月の中旬に富士市で開催した【 東海・北陸 B-1グランプリ in FUJI(富士) 】において、「富士宮やきそば/富士宮やきそば学会」 は見事、シルバー グランプリ (2位)の栄冠に輝きました。この受賞報告をするために富士宮やきそば学会ほか市民サポーターたちが、富士宮市役所3階の来賓応接室を訪れました。「マチ起こし」や「ふじのみやフードバレー」に弾みがつく超うれしい話題。

    [続きを読む]

[更新] 2017-03-06

人気ジェラート店・土井ファームに、酒造コラボの限定フレーバーが登場。【第8回上野の里まつり 酒蔵巡り】
  • 上野の里まつりは、富士宮市の上野エリアで例年2月上旬頃に開催されているイベント。もともとは、近い位置にある富士正酒造と牧野酒造の二社が蔵開きを同時開催したことが始まり。ここに土井ファームが加わって、訪れた人に上野エリア全体を歩いてもらおう、体験してもらおうという輪が広がってきている。3つの拠点をめぐる里まつり、そのひとつである土井ファームの様子を紹介しよう。

    [続きを読む]

[更新] 2017-03-02

【 東海・北陸 B-1グランプリ in FUJI(富士) 】 中央公園と、吉原のマチに、歓喜と活気があふれました。
  • 5つの会場での開催となった 「B-1グランプリ富士」。富士市中央公園の富士見の広場と多目的広場。吉原商店街周辺の吉原市民ひろば、市営吉原本町駐車馬、静岡銀行東側駐車場、ほんいちパーキング2。加えて吉原本町通りで「歩行者天国」や、開催前日10日に企画された「吉原商店街パレード」など、吉原のマチや人にもスポットが当たるイベントになりました。いろんな元気が少しづつ集まって、新しい原動力が生まれた気がします。

    [続きを読む]

[更新] 2017-02-27

富士宮市外神の【 佐野牧場 】の生乳は平成28年・関東生乳品質改善共励会 【 最優秀賞 】を受賞したぞ。特濃のリスペクトを贈りたい。
  • ざっくり 「関東生乳品質改善共励会」について説明すると。関東管内(静岡、千葉、神奈川、山梨ほか全9県)で良質な生乳生産に取り組む、秀でた酪農家を認め励すもの。入賞するハードルの高さは、私たち一般人には分かりにくいんだけど。年に36回も抜き打ちで生乳の検査がある。2500軒ほどの酪農家の中から選ばれるという話を聞けば、並大抵でないことは容易に想像できる。ちなみに「佐野牧場」は平成24年に農場HACCP認定取得(国内第1号)もしてるんだよ。

    [続きを読む]

[更新] 2017-02-13