<企画展>芹沢銈介の屏風

芹沢銈介美術館 (見る)
Original
展示会・催事イベント  アートイベント
 屏風は、染色家・芹沢銈介を代表する仕事の一つです。芹沢は、型染の特徴を活かし、小さな型を繰り返して長い帯地や着尺などを染めましたが、一方で大きな型紙による繰り返しのない絵画的な型染も手がけました。その代表的なものが屏風で、大画面の表現に型染で挑戦したものです。
 本展覧会では、「四季曼荼羅図二曲屏風」「丸紋いろは六曲屏風」「四季文尽くし四曲屏風」など、屏風の名作を中心に、着物やのれんなど80点の芹沢銈介作品をお楽しみいただきます。

 展示室の後半には、芹沢の収集品から日本の屏風や絵本などを展示します。芹沢が愛蔵していた「誰が袖屏風」(桃山時代)をはじめとして、大津絵、泥絵、丹緑本、奈良絵本、菓子のひながた本など、芹沢が愛した貴重な品々50点をご紹介いたします。
開催日
2019/04/07 () 〜 2019/06/30 (カレンダーに追加
開催時間備考
毎週月曜日(4/29、5/6を除く)、5/7
開催場所
芹沢銈介美術館
問い合わせ電話番号
054-282-5522
費用・料金
一般420円 / 高校生・大学生250円 / 小学生・中学生100円 / 未就学児無料  ※静岡市内在住または静岡市内小・中学校在学中の場合無料 ※市内在住の70歳以上の方、各障がい者手帳の交付を受けている方とその介助者1名は無料
関連URL
【リンク】
営業時間
  • 営業時間
    9:00〜16:30
  • 定休日
    月曜、祝翌日、展示替期間中(年3回)、年末年始
この場所の情報
  • 422-8033
  • 静岡県 静岡市駿河区 登呂5-10-5 
マップ