駿河ブルーラインとは?

Logo

駿河湾の中西部に位置する静岡市、焼津市、吉田町、牧之原市、御前崎市の4市1町のエリアを指す愛称で、この地域の一次、二次、三次産業の関係者と行政が協力して立ち上げた、駿河湾水産振興協議会のブランド名でもあります。このエリアは、日本一高い富士山と日本一深い駿河湾に囲まれており、豊かな自然や歴史、文化を楽しむことができます。ここで水揚げされる多種多様な水産物で、地域の活性化を目指します。

静岡市

静岡市には、駿河湾でしか獲れない桜えびを水揚げする由比漁港、冷凍マグロ水揚げ日本一の清水港、しらすのブランド「用宗しらす」で有名な用宗漁港があります。

静岡市水産漁港課
TEL:054-354-2337

焼津市

三つの港を抱え、全国屈指の水揚量を誇ります。主にかつお、マグロ、サバ、桜えび、しらすが獲れ、市内各店では、魚の町「焼津」ならではの新鮮な魚介を使用した料理を堪能できます。

焼津市 水産振興課
TEL:054-626-2152

吉田町

吉田漁港ではしらす漁が盛んで、県内有数の水揚量を誇ります。また、漁港と加工場が近いため鮮度も抜群です。古くから養鰻業も盛んで、活きのいいうなぎを食べることができます。

吉田町 産業課
TEL:0548-33-2122

牧之原市

年間通してしらす漁が行われています。また、定置網によるアジとスズキ、釣漁業では金目鯛やかつお、サワラのほか、刺網による伊勢エビなどが獲れます。

牧之原市 お茶特産課
TEL:0548-53-2621

御前崎市

青葉が芽吹く頃、黒潮に乗り北上する初かつおの群れが水揚げされる御前崎魚市場。駿河湾と遠州灘の好漁場にも近く、年間を通じしらす、金目鯛、伊勢エビ等の新鮮な魚介が水揚げされています。

御前崎市 農林水産課
TEL:0537-85-1125