女性城主・井伊直虎のゆかりの地、浜松「井伊谷地区」をめぐろう

浜松市、浜名湖の北側にある井伊谷(いいのや)地区。2017年のNHK大河ドラマの主人公・井伊直虎は井伊谷を本拠地としていた井伊家の一人娘。戦国時代にお家断絶の危機を救った女性の城主・直虎のゆかりのスポットをめぐり、歴史ある浜松市引佐(いなさ)エリアを散策しよう。

  スポットを検索

スポット一覧
  • 龍潭寺(りょうたんじ)のサムネイル
    始祖・井伊共保から直政までの御霊をまつる、井伊家の菩提寺。2017年のNHK大河ドラマの主人公・井伊直虎の墓もある。2代目和尚の南渓和尚は井伊家断絶の危機に、直虎を陰で支えた。歴史ある庭園は緑が美しく、秋には紅葉が楽しめる。お殿様が通される書院では完全予約制で抹茶がいただける。

    浜松市北区 引佐町井伊谷1989

    浜松市 / 寺

  • おんな城主 直虎 大河ドラマ館のサムネイル
    2017/1/15~2018/1/14の期間限定オープン。井伊家と直虎について学べる施設。

    浜松市北区 細江町気賀369 みをつくし文化センター内

    浜松市

  • 井伊谷宮(いいのやぐう)のサムネイル
    1872(明治5)年創立。戦国時代、井伊家とともに奮闘した、後醍醐天皇の皇子・宗良親王を祀っている。和歌に秀で、長生きをした宗良親王にちなみ、学問・合格、長寿・防災開運の守護神として信仰されている。

    浜松市北区 引佐町井伊谷1991-1

    神社 / 浜松市

  • 井伊共保出生の井戸のサムネイル
    井伊家の菩提寺・龍潭寺の山門から徒歩5分。田んぼに囲まれた白壁の中にある石組みの井戸。井伊氏初代の共保が誕生した場所といわれている。

    浜松市北区 引佐町井伊谷1989

    浜松市

  • 井殿の塚(いどののつか)のサムネイル
    1544(天文13)年、謀反の疑いをかけられ殺害された井伊直満とその弟・直義の供養のため館の一角に塚を築き、一本の松を植えたといわれている。

    浜松市北区 引佐町井伊谷603-4

    浜松市

  • 井伊谷城跡(いいのやじょうあと)のサムネイル
    標高115mの小山に築かれた井伊氏の城・井伊谷城の跡地。現在は城山公園に整備され、山頂の開けた場所には広場や案内板があり、土塁などが見学できる。

    浜松市北区 引佐町井伊谷城山 城山公園

    浜松市

  • 妙雲寺(みょううんじ)のサムネイル
    井伊直虎の院号から名づけられた寺院。直虎が死後、葬られたと伝わる。檀家のボランティアによって、2015、2016年と続いて発見された直虎の位牌、南渓和尚の位牌や肖像画が公開されている。※公開は曜日限定のため、お出かけの際は公開日をご確認ください。

    浜松市北区 神宮寺町28-3

    浜松市 / 寺

  • 渭伊神社(いいじんじゃ)のサムネイル
    神宮寺川のそばに建つ、井戸や井戸水をまつる神社。井伊家の氏神であり、南北兵乱の際、龍潭寺の境内から現在地へ移転。背後の丘には数十の巨石が点在する、古墳時代の天白磐座(てんぱくいわくら)遺跡がある。

    浜松市北区 引佐町井伊谷1150

    神社 / 浜松市

  • 井伊直親の墓のサムネイル
    1562(永禄5)年、井伊直親は家老の小野但馬におとしいれられ、駿府へ弁明に向かう道中、掛川城主によって謀殺された。細い道の先に盛土があり、小さな石碑が建っている。石碑手前には桜田門外の変で討たれた、井伊直弼が寄進した、一対の灯ろうが建つ。

    浜松市北区 細江町中川

    浜松市

  • 蜂前神社(はちさきじんじゃ)のサムネイル
    由来は西暦280年の歴史ある神社。井伊直虎が花押(サイン)を記した唯一の古文書「井伊直虎関口氏経連書状」を所有する。男性が用いる花押を記していることは、女性の直虎が男性として振る舞っていたことを示す。※古文書の保管、公開場所は神社ではなく、浜松市博物館です。ご注意ください。

    浜松市北区 細江町中川6915

    神社 / 浜松市