Original

静岡のみなさん、自分の「防災準備」についてあらためてチェックしませんか?

2016年4月14日(木)夜に、熊本で大きな地震がありました。熊本をはじめ、九州地方の皆さんが、ひとりでも多く、安心できる状態になることを願っています。静岡でも、いつこのような事態が起こるかわかりません。この機会に、今一度、ジブンの身の回りの「防災準備」についてチェックしてみましょう。

≪今すぐできる防災準備≫

静岡市の災害情報源をチェックしましょう

ふだんから「災害の情報源」に接しておくことは、防災の備えのなかでもとてもお役立ち度の高いアクションです。もしものときに「すばやく、自分のほしい、信頼できる情報」にたどり着けるよう準備できていれば安心です。
---------------------
■ここをチェック!
---------------------
[1] 静岡市防災メール の利用登録
[2] 同報無線 [3] エリアの停電  情報のブックマーク

詳しくは、こちらの特集で↓

ネットで完了! 静岡市に住む人の 「防災やること」TOP 5 <前編>


持ち歩ける「もしもの備え」を準備しておきましょう

自宅にもしもの備えがあったとしても、地震はいつ、どこで起こるか分かりません。常に持ち歩けて、いざというとき役立つ必要最低限の防災アイテムを考えてみましょう。
---------------------
■ここをチェック!
---------------------
[1] 外出先での災害に備える【常時携帯の防災アイテム】を準備しよう
[2] 防災アイテムは、自分にとっての【重要度・持ち歩きやすさ】を基準にセレクト [3] 長続きするコツのひとつは【毎日必ず使うモノを入れるポーチに“混在”させて】持ち歩くこと

詳しくは、こちらの特集で↓

もしもの備えは3段階に! step.1 常時携帯するモノ


≪連絡手段の防災準備≫

連絡がとれない場合の、家族の取り決めをやっておきましょう

いざ、災害が起きた場合に、家族へ電話もメールもつながらず、LINEの返事もない。そんな時やっておいて良かった!と思うのが【家族の取り決め】 です。
---------------------
■ここをチェック!
---------------------
[1] 家族の落ち合う場所 はハザードマップを参考に、自宅以外にも決めておく
[2] 地域でのふだんのおつきあいを大切にする 
[3] 遠方の電話連絡先 を決め、 [4] もしもの連絡先リスト を家族全員で常時携帯する
[5] 災害時は通話が優先される 「公衆電話」・「特設公衆電話」 が役に立つ

詳しくは、こちらの特集で↓

<家族の無事を確認する【前編】> アナログだけど大切な、家族の取り決め


「災害用伝言サービス」を知っておきましょう

すぐに自宅に戻れない、でもどうしても家族と連絡をとりたい!そんなときは「災害用伝言サービス」 の出番です。存在さえ知っていればカンタンな操作で安否確認や連絡ができます。
---------------------
■ここをチェック!
---------------------
[1] 「災害用伝言サービス」は、固定電話向けとスマホ・ケイタイ向けの2種類がある
[2] 通話・メール・SNSにプラス 「災害用伝言サービス」 を使おう、と家族で話しあっておく 
[3] とくにスマホは [災害用伝言板] が利用可能か、体験期間を使って要確認 
[4] 最後は手元に何もなくても 避難所設置の 「特設公衆電話」 で連絡できる

詳しくは、こちらの特集で↓

<家族の無事を確認する【後編】> 「災害用伝言サービス」を知っておく


「オフィス」での防災行動をイメージしておきましょう

仕事中に突然、揺れを感じたら。そのときオフィスにいたら?高層ビルにいたら?エレベーターの中だったら? 身を守るための具体的な行動を理解しておきましょう。
---------------------
■ここをチェック!
---------------------
[1] 揺れを感じたらすぐ “身を守る行動” を。それが周囲の人も助ける
[2] ビル高層階は長時間、大きく揺れるが、あわてない 
[3] 避難にエレベーターは絶対使わない 
[4] エレベーター内にいたら全ての行先階ボタンを押す

詳しくは、こちらの特集で↓

<グラッときたら。外出編②> もしも会社で「グラッ」 ときたら?


「外出中(静岡街中)」の防災行動をイメージしておきましょう

もしも、おでかけ中に地震が起きたら。身を守るにはどうする?揺れが収まったらどうすればいい? 静岡街中を例に、いざという時の心構えをいっしょに確認してみましょう。
---------------------
■ここをチェック!
---------------------
[1] 屋内で揺れを感じたら むやみに外へ飛び出さず、バッグ等を頭にかぶり身を守る
[2] 屋外にいたら オープンスペースや新しそうなビルへ逃げ込む 
[3] 静岡街中から近い「避難地」は 駿府城公園近くと常磐公園近く 

詳しくは、こちらの特集で↓

<グラッときたら。外出編①> もしも静岡街中で「グラッ」ときたら?


まだ、他にもさまざまな防災準備の視点がありますが、
「まずはできることからやってみる」、そんな心持ちで行動にうつしてみてはいかがでしょうか。
これからも、『助かる! ジブン防災 静岡』は、静岡に住む人の視点で、
防災に関することを考えていきたいと思います。
皆さんも“ジブンごとの防災”、ぜひこの機会に考えてみませんか。

Original

 よむ

 マップ

    • 静岡避難所マップ

      静岡市内の緊急避難所を地図上で探すことができます。現在地から避難所までのルートも表示されます。

 リンク