Original

<100円ショップde防災グッズ>  その② お役立ちグッズ編

もしものときに自分と家族を守ってくれる防災グッズ。「レインコート」「黒いビニール袋」など安価な品でも防災専用品を準備しておけば、きっとあなたを助けてくれるはずです。

防災グッズ準備は「4つの目的」を理解してスタートしよう

防災グッズを揃えようとしたとき、その目的(用途やシチュエーション)は大まかに

・外出時の備え
・ひなん時の備え
・自宅被災生活の備え
・自宅で命を守る備え

の4つに分かれます。
この目的に沿って、必要な防災グッズはそれぞれ以下のようになります。

【 防災グッズ 4つの目的別に考えよう 】

■その1_常時携帯品=外出時の備え
  ↓
外出時の発災に備え、常に持ち歩くモノ。
<グッズ例>明かり(懐中電灯)、スマホ・ケイタイ充電器、携帯トイレ、携帯ラジオ等

■その2_非常持ち出し品=ひなんの備え
  ↓
ひなん所等にひなんする際、持参すると有用なモノ。常時携帯品にプラスして用意。
<グッズ例>水&非常食、ひざ掛けや小型毛布、ヘルメット(防災頭巾)、作業用手袋、トイレットペーパー、食品ラップ、ガムテープ、油性ペン、メモ帳&筆記用具等


■その3_自宅備蓄品=被災生活の備え
  ↓
電気・ガス・水道がストップした自宅で、数週間単位の被災生活に備える消耗品のストック。
<グッズ例>水&食料1週間分、カセットコンロ&ボンベ、持病の薬&常備薬、乾電池等

■その4_自宅の安全化用品=命を守る備え
  ↓
発災時、自宅で家具の下敷きや火災等から命を守る備え。家具転倒防止、防火対策など。
<グッズ例>L字型金具、突っ張り棒式ストッパー、ガラス飛散防止シート、消火器、救出用工具(バール・ジャッキ・ノコギリ)等


ひとくちに防災グッズを揃えるといっても、実は上記のように目的別にグッズ種類と必要量
があり、一度に準備しようとすると予算も手間もかかり、なかなか大変な作業です。

そこで自宅の状況と想像される被害を照らし合わせて考えると


「職場と自宅が遠距離だから、通勤・帰宅途中の被災に備えて、常時携帯品は持ち歩こう」

「自宅耐震化OKで被災後も自宅に住めるはずだから、自宅備蓄品の準備を優先させよう」

「賃貸で耐震化は望めないから、ひなん前提で、まずは非常持ち出し品を充実させよう」

「旧耐震基準の古い家だから、最低限家具の転倒防止はすべてやっておこう」


など、どこから手をつければいいか、その人の暮らしに応じた“防災グッズ準備の優先順位”がみえやすくなります。

また過去の被災地では

「100円ショップのロープはすべってほどけてしまい、救助に使えなかった」
「がれきを取り除く際、100円ショップのノコギリはすぐ切れなくなって役に立たなかった」

といった声も聞かれました。

こうした事例も参考に、防災グッズを100円ショップで揃える際は

1)もしものとき、実際に役立つシーンがイメージできるか 
2)品質は、求める機能を満たしているか
3)いま家にあるモノで代用できないか

の3点をよく考えて、役立つアイテムを選んでいきましょう。

[非常持ち出し品]に入れたい、レインコート・毛抜き・マスク・氷砂糖

フード付きで着丈110cm・胸囲120cmとゆったりサイズ。Lサイズや座った時に濡れづらい裾が広がるポンチョタイプもあり。「レインコート M 男女兼用・大人用」108円・ダイソー

[GOODS.1]レインコート → 非常持ち出し品 へ

もしもの時もひなん時も、雨が降っていないとも限りません。傘をさしている余裕はほぼなく、雨は体温を急激に奪いその後の着替えにも困るので「レインコート」は必ず用意したい防災グッズです。

冬場は保温力を高める防寒着として、ガレキ片付けの際は粉塵よけ(洗濯のできない状況での服の汚れ防止)としても使えます。

100円ショップ製品はビニール製で着心地はそれなりですが、軽量&コンパクトで品数をつめこみたい非常持ち出し袋の中でも省スペース。家族人数分用意してもさほど予算もかかりません。

発災時幸運にも大きなケガがなかったら、今度は被災生活で発病しない・ケガをしないことを心がけたい。マスクは交換用に枚数のあるものを。「毛抜き」「3層構造 立体マスク 大人用 10枚入」各108円・ダイソー

[GOODS.2&3] 毛抜き&マスク → 非常持ち出し品 へ

意外なようですが、あると役立つのが「毛抜き」。足裏に刺さったガラス破片や、ガレキを片付ける際手に刺さりやすい、トゲやささくれを取るのに使います。

大ケガではないため救護所に行きづらく、かといって痛みをガマンしているとストレスでますます状況は悪い方へ。毛抜きがあれば自己処理できて、まずはホッとできます。

またひなん所生活はカゼ、インフルエンザなど感染症が流行します。倒壊物やガレキの中を歩かざるを得ないときも、空気中には大量の粉塵や有害物質が舞っていて「マスク」があれば吸い込み防止になります。

さらに発災から時間が経過してくると、どうしても“におい”の問題が発生します。ひなん所での生活臭やガレキからの悪臭など、においに敏感な人はマスクが必須です。

化粧習慣のある女性にとってもマスクで顔を覆えばノーメイクを見られるストレスが軽減され、涙が止まらなかったり人と顔を合わせるのが辛いときは、マスクをしていれば少しだけでも心を落ちつけられます。

非常持ち出し袋に入れておきたい「氷砂糖」。ひなんの際は1~2L分の水と数回分の食事(栄養補助食品やお菓子等でも)も持参したい。「氷砂糖」90g108円・ダイソー

[GOODS.4] 氷砂糖 → 非常持ち出し品 へ

「非常持ち出し品」はそのほとんどが一度準備すれば見直す必要のないモノですが、実際ひなん所にひなんする際は、自分の分の水・食料も持参しなければなりません。

市般のアメは賞味期限が半年程度のモノが多いところ、「氷砂糖」は3年と長期間。非常持ち出し袋に入れっぱなしにでき、賞味期限切れによる入れ替えの手間も少なくて済むのが利点です。

氷砂糖は糖分補給&唾液分泌を促し、体調管理に役立ちます。何か口に入るものがあれば気持ちが落ち着く、というシーンでもうれしい一品です。

[自宅安全化]のガラス飛散防止シート、[自宅備蓄品]の黒ビニール袋

サイズは100×32cm。まずは100円ショップ商品で試してみて、大きなガラス窓等はホームセンターや通販の大型サイズを利用しても。「ガラス飛散防止安全シート」108円・ダイソー

[GOODS.5] ガラス飛散防止シート → 自宅の安全化用品

阪神大震災ではケガの原因の29%が「ガラス」だった、というデータがあります。

もしも夜中、就寝中に大地震が起きたとしたら。停電で真っ暗闇の中を素足のまま、砕けたガラス破片に行く手を阻まれながら、なんとかして玄関までクツを取りにいかなければなりません。

→参考「<グラッときたら。自宅編①> もしも夜中にグラッときたら? 」

https://machipo.jp/bousai/column/15587

ガラス飛散防止シート」の使用は夜の地震対策だけでなく、在宅中のいつ・どこで地震が起こってもケガをしないためにとても大切です。室内には

・窓ガラス、扉のガラス
・照明器具(ガラスの傘や電球)
・食器棚(扉のガラス)
・鏡、額や写真立て、置物等のインテリア

など、割れてケガの原因なるモノは数多くあります。

自分で貼るのが手間だ、貼れる自信がない、という人はガラス店に依頼すればプロが上手に貼ってくれます。食器棚等の小物は自分で貼って、人目につくリビングの大型窓ガラスは外注する等、うまく使い分けるのもひとつの方法です。

家にある透明ポリ袋やゴミ袋もあれば給水、包帯替わりと様々に役に立つ。簡易トイレに使う時はやはり黒色があれば安心。「ゴミ袋45L 黒 80×65cm 20枚」108円・ダイソー

[GOODS.6] 黒ビニール袋 → 自宅備蓄品へ

最近あまり見かけなくなった「黒ビニール袋」。ですが非常時は「簡易トイレ」として大いに役立ちます。

簡易トイレの代表的な作り方は、水を抜いた既存トイレや大型バケツの内側に黒ビニール袋を二重に覆いかぶせ、中に細かくちぎった新聞紙を重ねます。使用したらさらに新聞紙を重ね、あれば消臭剤などを吹きかけ、袋の重さが耐えられるうちに口を縛って処理します。

黒い色は中が見えないため、使う人・処理する人のストレス軽減に役立ちます。

また穴をあけてかぶれば保温効果があり、簡易的にレインコートとしても使えます。ひなん所では人に見られたくない私物を中に入れたり、張り巡らして着替えスペースにしたり、車中泊の窓ガラスに貼ってプライバシーを守るといった使い方も。

以上6点の防災グッズを紹介しました。近くの100円ショップにもきっとあるモノなので、お出かけの際はぜひ売り場をのぞいてみてください。

※表示の金額・販売店舗名は、2016年10月時点での情報です。

<100円ショップde防災グッズ> その② お役立ちグッズ編

● 防災グッズの目的は 外出時/ひなん時/自宅被災生活/自宅安全化 の4つに分かれる

● 準備の優先順位はその人によって異なり 自宅の状況 と照らし合わせると分かりやすい

● 防災グッズ購入時は 役立つシーン・求める品質を満たすか よく確認を

● 「レインコート」「毛抜き」「マスク」「氷砂糖」は非常持ち出し袋の中へ

● 「ガラス飛散防止シート」で自宅安全化、備蓄品に「黒ビニール袋」を

Original

 よむ

 マップ

    • 静岡避難所マップ

      静岡市内の緊急避難所を地図上で探すことができます。現在地から避難所までのルートも表示されます。

 リンク