Original

<モノの備え②> “防災用ラジオ”の準備、できていますか

災害時充電切れでスマホが使えないなか、“ラジオ”は必ず役立つ情報源。コミュニティFM放送「76.9 FM-Hi!」なら、ライフラインや道路状況など災害時必要なごく身近な情報が手に入ります。

停電でも情報が入手できる、“ラジオ”

大地震が起きたときは、必ず長期間停電が続きます。

停電になればテレビはもちろん、パソコンや固定電話、バッテリーが切れたスマホ・ケイタイも使えません。つまり非常時のいまこの瞬間、世の中がどうなっているのか、情報がつかめないのです。

ここで電池があれば動く、ラジオの出番!です。

静岡市と76.9 FM-Hi!が共同で企画した「静岡市緊急情報防災ラジオ」。電源が切れていても非常時は自動起動、大音量で同報(防災)無線やひなん情報を知らせてくれるスグレモノ。

災害時、ラジオのメリット

■電池で動く (乾電池があれば停電に関係なく情報入手できる)
■持ち運びできる
■情報源が信頼できる (平時から行政・ライフライン・交通機関等と連携)
■ひとりでなく、みんなで聴ける
■クルマが無事なら、カーラジオも使える

とラジオならではの良さは多くあります。

静岡市のコミュニティFM局、しずおか 音の回覧板「76.9 FM-Hi!エフエムハイ」

「コミュニティFM局」とは市町村単位をエリアとして、地域の身近な情報を発信する放送局。

静岡市にはコミュニティFM局「76.9 FM-Hi!」があります。

■FM-Hi! (エフエムハイ)

今年で20周年を迎える 76.9 FM-Hi!(株式会社シティエフエム静岡)。静岡市街中、七間町の青葉公園沿いのビルに本社・スタジオがある

可聴エリアは静岡市を中心に約80万人・28万世帯。ふだんは地元ニュースや街ネタ、音楽番組などを放送していますが


■震度6弱以上 の地震発生

■「東海地震注意情報」 の発令

■「大雨特別警報」、「大津波警報」 の発令


等の非常時には災害放送本部が設置され、緊急災害情報が放送されます。

大地震がくれば、自分が元気に動ける、充電できてインターネットがつながる、家で寝られてクルマが使える…こうした日常のすべてがひっくり返ってしまいます。

そんなときもラジオがあれば、地震後の生活に必要な情報が手に入ります。

76.9 FM-Hi!なら、静岡市に住む人に重要なニュースや情報が流れ続ける

もしも震度6弱以上の地震が発生した場合、76.9 FM-Hi!では以下のような放送内容を想定しています。

今回お話を伺った、業務部長の永田朋徳さん。災害時はスタジオ担当デスクとして放送の維持にあたる

震度6弱以上発生時の想定放送内容

【地震直後】

・「余震に注意」「津波に注意」「電気ブレーカーを切る」等の注意喚起

→二次被害を防ぐため、地震直後の注意事項を繰り返し放送する


【数時間~半日後】

・静岡市から発表された、ひなん情報・被害情報

・医療機関の状況

・交通関係(JR、静鉄、バス、道路)や ライフライン(電気、ガス、水道、電話、原発)の状況

→できるだけ市内の被害状況を伝える


【1日~2日後】

・ひなん所開設、給水所、食料供給場所等の情報

・安否情報(訪ね人や生存確認)

→被災生活に必要な暮らしの情報、安否情報が入り始める
→引き続き医療、交通、ライフライン情報も放送


【1週間後】

上記の最新情報に加え

・行政への各種届出、ゴミ回収、仮設住宅等の情報

・スーパー、ガソリンスタンド、銭湯などの営業情報

・ほか、一般企業からの提供情報

となっています。

「災害時はふだんお付き合いのあるスーパー、ガソリンスタンド、新聞店さん等から情報をいただく手はずになっています」と永田さん。地元店の営業情報がわかれば、被災生活の不安も少しは軽減されるはず

このように地震後76.9 FM-Hi!が聴ければ、静岡市に住む私たちにとって身近で必要な情報がわかります。

これは全国ネットや県内すべてをエリアにしている局で放送は、なかなか伝えられない貴重な情報です。

インターネットにつながれば、スマホでラジオが聴ける

76.9 FM-Hi!では通常のラジオ放送に加え、インターネットでも放送(音声)を聴くことができます。

(↓放送中の場合、クリックすると音がでます)

■FM-Hi! インターネットラジオ

スマホでインターネットラジオページにアクセス。76.9 FM-Hi!のロゴとともに、現在放送中の音声が流れてくる

つまり、非常時ラジオがなかったとしても、インターネットラジオの存在を知っていれば、スマホ・タブレット等でラジオ放送を聴くことができるのです。

稼働中のインターネットラジオ専用スタジオ。ここで電波の放送を変換、インターネット回線に配信している

ただし災害時停電が続くなか、スマホの貴重なバッテリーをずっとラジオに使うことはできないでしょう。インターネット回線も必ず接続できるとは限りません。

ですからスマホでのインターネットラジオは、平常時に楽しむもの、と考えてください。

非常時は防災用に用意したラジオ端末をメインに、インターネットに接続できて充電も確保できればスマホでラジオを聴ける、と覚えておきましょう。

76.9 FM-Hi!をクリアに聴くには

はじめて76.9 FM-Hi!を聴く人は、まずはFM局の「76.9MHz」にダイヤルを合わせてみましょう。

自宅がコンクリート造マンションだったり、地形的に電波の届きにくい場所だったりした場合、聴き取りにくいことがあります。

放送が聴きとりにくいな、と感じたときは、

76.9 FM-Hi!をクリアに聴くには

→①ラジオを窓辺に持って行く

→②ラジオアンテナを「トップセンタービル」方面に向け、受信状態が良くなるよう調整
(76.9 FM-Hi!の「電波送信所」は新静岡セノバ近く、葵区伝馬町の「トップセンタービル」にあり)

を試してみてください。

それでも改善しない場合は

→③付属アンテナを確認する
ラジオ購入時に「FM受信用T型アンテナ」が付属していれば接続を。ワイヤー型アンテナがあれば窓際のカーテンレール等に沿わせ高い場所に持って行くと改善する場合も

→④感度の良いTVアンテナを利用する
壁から出ているTVアンテナケーブルを、二股になった「分波器」に接続。二股それぞれにケーブルをつなぎ、ひとつはTVに、ひとつはラジオ背面等にある「外部アンテナ端子」につなぐ
(注_分波器とケーブルは新たに用意。外部アンテナ端子がないラジオもあり)

等を試してみてください。


大地震後のような非常時は、ラジオで人の声が聴けるだけでもホッとします。平常時のうちに、ぜひ防災用ラジオの準備をすすめておきましょう。

 <モノの備え②> “ラジオ”の準備、できていますか?

● 地震で停電が続くとき、乾電池で動く「ラジオ」は貴重な情報源

● 静岡市なら「76.9MHz FM-Hi!エフエムハイ」が災害時の地元情報を教えてくれる

● 「被害状況」「ライフライン・交通状況」「ひなん所・病院・給水所」「訪ね人」等、市内のごく身近な内容が放送される

● スマホでもインターネット経由で76.9 FM-Hi!が聴ける

● 76.9 FM-Hi!が聴けるか、平常時のうちにスマホ設定・ラジオアンテナ受信状態の確認を

Original

 よむ

 マップ

    • 静岡避難所マップ

      静岡市内の緊急避難所を地図上で探すことができます。現在地から避難所までのルートも表示されます。

 リンク