Original

「高校生と一緒に!こどもプログラミング講座」参加レポート

12月3日、シズコンバレーさん・県立島田商業高校が主催するScratch(スクラッチ)を使った小学生向けのプログラミング教室が静岡市内で開催されました。小3の娘を誘ってみたところ、面白そうなので行ってみたいと言ってくれたので二人で参加してきました。

Scratchって何?

今回のプログラミング教室は、Scratchというツールを使いました。Scratchは、マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが開発したビジュアルプログラミングツールです。

インターネットにつながる環境さえあれば、WindowsでもMacでも無料で利用することができます。

Scratchの特徴は、プログラミングをしたことのない大人や子供でも、難しいプログラムコードを書くことなく、画面上にあるいろいろな部品をパズルのように組み合わせていくことで、簡単なゲームが作れてしまうことです。

Scratchのサイトトップ。わかりやすいチュートリアルや世界中の人が作った作品が共有されています。

先生は高校生!

2020年から小学校でのプログラミング教育が必須になったこともあり、最近では、子供を対象にしたプログラミング講座が活発に行われています。

しかし、今回のこどもプログラミング講座は、プログラミングを教えてくれる先生が大人ではなく、高校生というのが大きな特徴です。

先生は静岡県立島田商業高校の情報科の生徒さん6名。会場にちょっと早く着いてしまったのですが、6名の「先生」が優しく出迎えてくれました。早速「先生」の横に座り、パソコンを触らせて貰います。

まずはマウスの使い方から。小学校でもパソコンは触っているらしく、基本的な操作はすでにできていました。

授業開始

会場には10名程度の子供達が集まりました。

引率の島田商業高校の鈴木先生から、「プログラムって何?」といった簡単な説明があったあと、授業開始です。今回は特に決められたカリキュラムはなく、子供達が作りたいものを自由に作るといった進行です。

自由に作ってねという流れで、子供達が戸惑うのでは?と思ったのですがそこは杞憂でした。子供達は、パソコンの画面から、気に入った絵や背景を選んで、本当にどんどん自由に作っていきます。

島田商業の生徒のみなさんも子供達がわからないところを的確にフォローしてくれました。

高校生の先生と机を並べて授業を行いました。

クリスマスツリーに星が落ちてくるアニメーションや、キャラクターが音を鳴らして歩くゲームなど、いろいろな作品ができました。

制作された作品は多種多様。いろいろな素材がパソコンの画面を彩っています。

成果発表!

あっという間に1時間が過ぎ、最後に、ひとりづつ作った作品の発表会を行いました。
恥ずかしくてうまく話せない子もいましたが、そこはお兄さん先生、お姉さん先生がフォローして、作品の特徴や、工夫したことなどを発表してくれました。

キャラクターが自由自在に動いて、効果音がばっちり決まった作品に会場が沸く場面も。

出てこい、未来の天才

テレビゲームも、けいたいゲームもロボットも。
ぜんぶプログラミングでうごいてる!

私たちの身の回りのほとんどのものは、プログラミングで動いています。一昔前は、子供達がこんなに簡単にゲームやアプリを作れる環境はありませんでした。

しかし、今は、こんなわずかな時間にこんなにいろいろな個性あふれる作品が作れる環境があります。

主催者のシズコンバレーの方にお話を伺いました。

これからの時代、音楽や映画などのアートやゲームなどデジタルコンテンツ、生活を便利にするアプリなど、プログラミング技術なくしてはこういったプロダクツは制作できません。

そして、これらには、ストーリーがあります。映画やゲームはもちろん、スマホのアプリにもアプリを使う人がどういったシーンで何のために使うのか、そういったストーリーを論理的に組み立ててプロダクツを制作する素養が不可欠です。

無機質な英数記号の羅列のプログラムコードを書けるプログラマーを育成するのではなく、ストーリー込みで感性豊かにプログラミング能力を身につけて、いろいろな世界で活躍できる大人に育って欲しい、プログラミングはそういった世界への入り口なんです、という言葉が印象に残りました。

シズコンバレーでは、将来は、このような講座を通じて、「キッズ・ゲームショー」:キッズのキッズによるキッズのための…オンリーワンのゲームが体験できる場を作りたいとのこと。

そういった場がここ静岡から産まれることを想像すると、とてもワクワクします。きっと、未来の天才がここから出てくるはずです。

シズコンバレー

https://szkv.localinfo.jp

島田商業高校

https://www.facebook.com/shimadafc/posts/713248605489889