Original

ここをCheck!2015年秋冬のポイントはシルエットと素材感

秋冬のファッションは、アイテムが増える分お洒落の楽しみ方も広がります。お気に入りのアイテムは、気分に合わせていろんなコーディネートを楽しみたいですよね。そこで今回は、deuxieme Luberon(ドゥズイエム リュベロン)のこの冬イチオシのアイテムと、その着回し術を紹介します。

ここをCheck!2015年秋冬のポイントはシルエットと素材感

きれい系、カジュアル系を1枚で着回す

秋冬物はどうしてもアウターにお金がかかるから、たくさんのアイテムを揃えるのは予算的に厳しい、お気に入りはヘビロテさせたいけどワンパターンはイヤ…、というあなたに。第3回目の「出張!リュベロンセレクト」ではドゥズイエム リュベロンのオーナー・犬塚典孝さんに、1つのアイテムを2パターンに着回すポイントを教えてもらいました。本当に似合うものをおすすめしたいという犬塚さんの着回しコーディネートを、ぜひ参考にしてくださいね。

全体はゆったりシルエット。でも必ずどこかで引き締めて

-今年の秋冬ファッションの傾向は?

トレンドは“ゆったり”かな。トップスはふんわり、ボトムスも夏に続いてガウチョパンツのようなゆったり系が流行っているでしょ。パンツは腰回りにゆとりがある分、クロップト丈で足首を見せるようにするなど、必ずどこかで引き締めて。もっさり感を取り除いてね。カラーはライトな暖かい色調が人気かな。同じグレーでもチャコールグレーのような重たい色ではなくて、ホワイトグレーやアイスグレーのように、明るい色が人気だね。

ニットなら今年はタートルネックが必須

-今年はタートルネックが流行っていますね。

そう、ニットを投入するならタートルネックを。今年のタートルは首回りに適度なゆとりがあるものが主流。締めつけないから、苦手だった人もチャレンジしてみるといいんじゃないかな。折り返した襟にスリットが入っているなどのポイントがあるとお洒落だね。タートルネックにストールを巻いて首元にボリュームを出すのもイマドキ。大判で薄手のストールがあると重宝するよ。秋冬は、暖かみのある素材感も楽しみたいところ。やっぱりウールかな。糸のより方や編み方で手触りがだいぶ変わってくるし、アルパカやヤク、カシミアなどの違う獣毛のブレンド具合で風合いもずいぶん違うよ。実際に手にとって、その感触を確かめながら好みの素材を探してみてね。

トレンド要素の強いアイテムで、2つの着こなしパターンを紹介

【ダウンベストを着回し】

ボディに沿うラインとフェミニンなカラーで、従来のごつい印象とはひと味違うダウンベストで着回しコーディネート。コンパクト&すっきりとしたシルエットで、カジュアルすぎないのがポイント。フード一体型で首の立ち上がりにボリュームがあるデザイン。フードと言うよりはフード型の襟といった感じかな。

きれい系のコーディネート

リバーシブルダウンベスト19000円(NATURAL LAUNDRY)、タートルニット15000円(grin)、スカート 14000円(assiette)、ブーツ13000円 (Puddle) ※すべて税別

ニットは、今年の流行のタートルネック。ウール100%の強撚ニットは、糸のよりが強くて強度が高い、ウールだけど張りのあるしゃりっとした風合いが特徴。そのニットに合わせるのは、反対に本来の素材感が残るウールスウェットのスカート。素材で暖かみも演出。トップスに重めの色を持ってきたから、ボトムスは明るい色でバランスを取って。カーキとグレーの組み合わせも人気。足元はラバー素材のブーツでちょっぴりハードに。実はこれ、レインシューズ。でもエンジニアブーツっぽいデザインだから、雨の日以外に履いてもOKだよ。

カジュアル系のコーディネート

リバーシブルダウンベスト19000円(NATURAL LAUNDRY)、タートルニット15000円(grin)、パンツ15000円(grin)、レザーシューズ11000円(Marie Louise) ※すべて税別

ボトムスはスカートよりも活動的なパンツで。パンツの生地はウールフラノ。ストレッチが利いているから動きやすいよ。濃い色のパンツなので、ニットは明るめの色に。足元は素材感のある白いレザーシューズを、スニーカー感覚で履きこなして。活動的なイメージでまとまるでしょ。

【パンツを着回し】

家で洗濯ができるウール素材の細身のテーパードパンツ。他の色とも合わせやすい濃紺だから、ヘビロテ間違いなし。腰回りにゆとりがあるシルエットと、トラッドの定番ピンストライプが今年っぽい。無地感覚で着られるから、どんなアイテムとも合わせやすいよ。

きれい系のコーディネート

ボーダータートルセーター19000円(NICO)、ウールパンツ14000円(NATURAL LAUNDRY)、ウールフードコート39000円(NICO)、ウイングチップシューズ12500円(Marie Louise) ※すべて税別

丈が短めのニットはスタイルがよく見えるね。ボーダーは胸から下に入っているからカジュアルすぎず、すっきりときれいに見えるでしょ。ライトグレーのコートは袖まわりがゆったりとしているから、ニットの上に羽織ってもゆとりがあるよ。フード付きでボタンを留めてもきれいなシルエット。一重仕立てで軽いのにウール100%だから、静岡の気候なら真冬でも着られそうだね。シューズはトラッドっぽいウイングチップで、カッチリとした印象に仕上げて。

カジュアル系のコーディネート

ボーダーTシャツ7800円(NATURAL LAUNDRY)、ウールパンツ14000円(NATURAL LAUNDRY)、パーカー13800円(NATURAL LAUNDRY)、レザーシューズ11000円(Marie Louise) ※すべて税別

パーカーでちょっぴりボーイッシュに。ソフトでコンパクトなシルエットと明るいグレーが女性らしいよね。中に着るニットはボートネックで、襟ぐりが少しロールしているところがポイント。バスク生地でも裏起毛だから温かいよ。秋冬も引きつづき、ボーダーはカジュアルトップスの必需品だね。

第1回「ここをCheck!2015年春 静岡スタイルのトレンド予報」

http://machipo.jp/column/2

第2回「ここをCheck!2015年夏 素材で楽しむ夏のファッション」

http://machipo.jp/column/12

deuxieme luberon(ドゥズイエム リュベロン)

http://machipo.jp/location/2539

BLOG

http://luberon.eshizuoka.jp/

営業時間
  • 営業時間
    10:00〜19:30
  • 定休日
    水曜日
スポットタグ
この場所の情報
  • 420-0839
  • 静岡県 静岡市葵区 鷹匠1-10-2 
マップ