Original

用宗×丸子地域間協働プロジェクト 駿河区の新ブランド「しずまえ・用宗産アカモク」

鮮度・品質ともに抜群と称され、市場評価も高い静岡市の桜えびとしらす。しかし、近年不漁が続き、しずまえ(※1)の水産業は、先行きが不安視されています。代わる水産資源としてワカメの養殖に挑戦していますが、思うような成果が出ていません。そこで、しずまえ振興協議会を設立し、その中から地域ごとに由比・蒲原部会、清水部会、用宗部会が発足しました。 静岡市駿河区にある用宗部会では、アカモクに注目。「しずまえ・用宗産アカモク」と名付け、新たな水産資源として、丸子地区とともに地域間協働プロジェクトをスタートさせました。

※1 しずまえ…静前。静岡市の前浜のことで、駿河区石部~清水区蒲原を指す。この間にある用宗漁港、清水港、由比漁港の3つの港で水揚げされる鮮魚のことを、しずまえ鮮魚という

「じゃまモク」と言われ、邪険にされていた海藻がスーパーフードだった?!

image-41228-0

2019年秋、用宗部会が開かれ、「用宗港青壮年部」会長である斉藤さんの一言が事の始まりとなります。
「用宗の石部海岸に、“じゃまモク”と呼ばれる『アカモク』という海藻があるんです。漁の際に漁船のモーターにからまり邪魔な存在であることから、そう呼ばれていたのですが、実はスーパーフードとして人気が高まりつつある。しずまえのプロジェクトとして、何か使えないでしょうか」。

アカモクは、全国に生息している海藻で、漁師から漁の妨げになるとして長く邪険にされていた海藻。しかし、モズクやメカブのようにポリフェノールやミネラル、食物繊維を豊富に含み、健康によい食品として注目を集め始めている食材です。

同じネバネバのスーパーフード しずまえ・用宗産アカモク×丸子とろろで何かできるのでは?

image-41228-1

用宗のアカモクを活用できないか。その問いに応えてくれたのが、この日、偶然にも用宗部会に参加していた用宗と同じ長田地区にある東海道の宿場町丸子で活動する「丸子まちづくり協議会」商工部会長である「丁子屋」の柴山さんでした。
「丸子の自然薯もネバネバした同じスーパーフード。組み合わせたら何か一緒にできそうだ」と思ったそうです。
松尾芭蕉が「梅 若菜 丸子の宿のとろろ汁」と詠んだことで知られる丸子の自然薯。味噌汁でのばし、麦ご飯にかけるとろろ汁は、旅人の疲労回復によいと言われ、今もなお、多くの人々に愛されています。
柴山さんは丸子の自然薯提供店7店と共に、アカモクと自然薯を使った新メニュー開発に奔走しました。
静岡市水産漁港課しずまえ振興係の協力を得て、用宗と丸子が「ネバネバ」つながりで地域間で連携し、アカモクの出前講座を開催しました。水産業について知るとともに、話し合いの場を設けた結果、
丸子のとろろ汁提供店が一堂に会する初めての機会にもなり、地域に一体感が生まれるきっかけとなりました。

こうして海の自然薯「しずまえ・用宗産アカモク」と山の自然薯「丸子とろろ」による新プロジェクトがスタートすることになりました。


「しずまえ『しずまえ・用宗産アカモク&丸子とろろ』美食ガイド」を企画

image-41228-2

2020年春には「しずまえ・用宗産アカモク」を使った特別メニューを満喫できるグルメイベントを開催しようと企画。用宗地区の飲食店向けには「サリーズカフェ」の仁科さんが中心となり、企画を進めました。4月4日〜5月30日の開催で、用宗と丸子から12店の飲食店が参加。アカモクととろろのコラボメニュー、アカモクの海鮮丼、アカモクとしらすのコロッケ、アカモクとしらすのパスタ、アカモクのおじや、アカモクの酢の物、アカモクのアイスクリームなど、各店、創意工夫を凝らしたメニューが用意されました。一つの食材をきっかけに、別々の地域が協力し合う駿河区では初めての企画が生まれました。この企画には、人を呼びこみ、賑わいを創出し、地域力を育むことに大きな期待が込められました。

image-41228-3

多くの関心が寄せられる中、新型コロナウイルスの感染拡大により、静岡県にも緊急事態宣言が出されてしまいます。営業自体を自粛した店舗、規模縮小、もしくはアカモク料理の提供を断念した店舗もありました。このような状況の中、足を運んでくださった地元のお客さまから高評価をいただき、手応えを感じました。予定通りの実施はできませんでしたが、「しずまえ・用宗産アカモク」への今後の期待が高まりました。

この「しずまえ『しずまえ・用宗産アカモク&丸子とろろ』美食ガイド」は、今後も毎年春に開催を予定しています。

様々な協力を得て、商品開発が進む

image-41228-4

2019年秋に「アカモクを活用できないか」という思いから、2020年春には美食ガイドを実現。企画から実施までおよそ半年という短い期間で実現できたことから、メンバーのやる気と一体感が感じられます。
「用宗港青壮年部」の斉藤さんはSNSで、静岡市内にある「(株)GOLDBLUE」さんが静岡県産のアカモクを探していることをたまたま見つけました。「(株)GOLDBLUE」はもともと県外のアカモクを取り扱うなどすでに実績がある会社でした。まさか市内でニーズが一致するとは、お互い思いもしなかったようです。

image-41228-5

アカモクは、採ったそのままの状態で食べることができません。小エビなどの不要物を取り除き、洗浄、湯通しをしてから刻む必要があります。
「(株)GOLDBLUE」では、そこからさらに粉末にする技術を持っており、また、同じく静岡市内にある「(株)おいしい産業」では、冷凍にする技術を持っています。粉末になれば、そばやパスタに練り込んだり、スイーツにも転用できたりします。また、粉末・冷凍することで、年間を通して、供給することが可能になります。加工業者がすぐに見つかったことが、今回の企画実現への近道となったようです。

水産資源を守り続けていくために

image-41228-6

今、しずまえ・用宗産アカモクへの注目が集まりはじめ、メディアでも取り上げられることが少しずつ増えてきました。コロナ禍のため、実現には至りませんでしたが、「アカモクの健康美食ツアー」なども企画し、東京からの集客を見込んでいたようで、今後の展開にもますます期待が高まります。

静岡県水産技術研究所の方の話では、アカモクは同じ駿河湾内の伊豆などでも確認されていますが、用宗が一番アカモクが多いのではとのこと。用宗の海水浴場は水質検査で最高ランクに選出されるなど、もともと海がきれいと言われるところで、アカモクに付いている不純物も少ないようです。

しずまえ・用宗産アカモクをさらに広めていこうと活動を続けている皆さんは、今後の取り組みについて、次のように考えています。

「用宗港青壮年部」の斉藤さんのお話
「企画の発案と同時に、しずまえ・用宗産アカモクの持続可能性についても考える必要があります。アカモクは冬場に成長し、収穫は3月のみと意外にも旬が短い海藻です。採りすぎてしまうと、枯渇してしまう可能性も否めません。
需要が高まっている中、今後は収穫量を考え、持続可能な取り組みにしていく必要があると感じています。」

image-41228-7

「サリーズカフェ」の仁科さんのお話
「近年、漁師さん達が不漁に悩んできた姿を、身近で見てきたので、新しい水産資源を発見できたのは本当に嬉しいことです。消費者の皆さんにも、ぜひしずまえ・用宗産アカモクの存在を知ってもらえたらと思っています。そして、漁師さん達が頑張ってくれているから、私たち飲食店はアカモクを使った商品を提供することができるということを忘れないようにしないといけないなと感じています。」


「丸子まちづくり協議会」商工部会長「丁子屋」の柴山さんのお話
「静岡は山がきれいだから、そこを流れる川もきれい。川もきれいだから海もきれい。安倍川の水質もトップクラスと言われています。アカモクは、静岡市の豊かな環境が生み出した大切な資源です。ぜひ静岡市民の皆さんにも、その大切な資源を享受し、味わいながら楽しんでいただけたらなと思っています。
アカモクに関しては、用宗は後発でした。しかし、ここまで地域間連携がとれたプロジェクトは珍しいのではと感じています。それぞれの個性を生かし、共存共栄していけたらいいですね。」

しずまえ・用宗産アカモクを食べるには?

image-41228-8

美食ガイド終了後も、用宗・丸子地区での飲食店での提供のほか、用宗のしらす直売所や静岡県中部地区の一部のスーパーの海鮮コーナーでも「しずまえ・用宗産アカモク」を購入することができます。しずまえ自慢の用宗産アカモクを、ぜひ皆さんもご賞味ください!

【しずまえ・用宗産アカモクを使ったメニューを提供しているお店】※2020年10月現在
●サリーズカフェ(静岡市駿河区広野5-11-15)……アカモクコロッケを提供
●貴乃(静岡市駿河区広野4-12-8)……アカモクを使った松前漬け風を提供
●アオサギ食堂(静岡市駿河区用宗2-18-1 用宗みなと温泉内)……アカモクソフトクリームを提供
●おおいし(静岡市駿河区用宗1-34-21)……アカモク蕎麦を提供
●幸八(静岡市駿河区用宗1-28-9)……お味噌汁を提供
●丁子屋(静岡市丸子7-10-10)……アカモク薩摩揚げを提供
●渓月(静岡市駿河区丸子6077)……アカモクを使った小鉢(付け出し)を提供
●満里古茶屋(静岡市駿河区丸子3321-3)……アカモクを使った揚げとろ(アカモク練り)を提供
●駿府匠宿 たくみ亭(静岡市駿河区丸子3240-1)……アカモク蕎麦を提供

image-41228-9

「サリーズカフェ」のアカモクコロッケ


image-41228-10

「丁子屋」のアカモク薩摩揚げ


この記事に関するお問い合わせ
駿河区役所 地域総務課
住所/静岡市駿河区南八幡町10番40号
TEL/054-287-8682
FAX/054-287-8709