このグルメガイドは、静岡県富士宮市が運営する「富士宮やきそば&フードバレー公式ガイド」です。自然環境に恵まれた富士宮市には、ご当地ならではの食材や名物グルメがいっぱい。豊かな「食=フード」が集まる場所という意味で「フードバレー構想」を掲げ、食を通じて富士宮市の魅力をお届けします。

カテゴリーから探す

新着スポット

まかいの牧場 (富士山朝霧高原)

スイーツ / 買う / 食べる / 富士宮観光 / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / 乳製品 / 体験・レジャー
富士宮市 内野1327

【閉店】山宮朝市(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 山宮1575  (JA富士宮・山宮支店)

【閉店】上野朝市(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 上野438-1 (JA富士宮・上野支店)

【閉店】芝川野菜クラブ (農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 長貫1095-18

スーパーぎんこう

スーパーマーケット
富士宮市 下条388-2

【閉店】瓔珞

食べる / 富士宮やきそば
富士宮市 大宮町2-5

DOI FARM バール&ジェラテリア (酪農家の直売店)

スイーツ / 買う / 食べる / フードバレーふじのみや / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 乳製品
富士宮市 下条777-1

Restaurant Mitsu

ふじのくにオープンデータ / エコショップ宣言店 / エコ / エコレストラン
富士宮市 小泉2343-102

柚野農林産物直売所(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 大鹿窪507-1

レストラン志ほ川 バイパス店

和食 / 富士宮市 / 食べる / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 富士登山優待施設 / ブランド肉・魚 / ニジマス
富士宮市 城北町667

新着コラム

<富士宮市フードバレー推進協議会・委託事業> ランチセミナー「健康な食事について考える」を開催!!
  • 季節ごとの旬を味わい、また楽しむことは、地産地消にとって欠かせない要素ですね。富士宮の地場食材にこだわる飲食店の1軒として、浅間大社のすぐそばにビュッフェレストラン「さくや長屋門ダイニング」があります。令和2年睦月の28日に、こちらのお店で「健康な食事について考える」ランチセミナーを開催しましたので、その模様をお知らせします。事前に応募し参加された43名の皆さまはそれぞれ「日々の食事の大切さ」を考えるキッカケになったように感じました。

    [続きを読む]

[更新] 2020-01-30

大金星の笑顔。【富士山ちゃんこ de 鍋パ】ちゃぶ台を真ん中に、Let's 鍋パーティ!!
  • 大相撲の高砂部屋が考案し、2018年9月に須藤富士宮市長が「富士山ちゃんこ」と命名した富士宮市のオリジナル鍋は、2019年11月に商標登録されています。これを記念し12月22日(日)に「富士山ちゃんこ de 鍋パ」と銘打ち鍋の調理&試食体験のイベントを開催しました。会場では富士山がもたらす豊富な食材を活かした「日本一の創作鍋のまち」をPRし、また各家庭での「富士山ちゃんこ鍋」の普及を目指して、よき時代の居間をイメージする食卓をご用意。和やかに笑顔いっぱいに鍋を囲む、楽しいひと時を過ごしました。

    [続きを読む]

[更新] 2020-01-17

【前編】食のセミナー2019 「乳和食~和食と牛乳の新しいかたち」小山浩子講師の講義&調理実演。
  • 牛乳やホエイなどを和食のだしや調味料に使う"乳和食"(NEW-Washoku)。その開発者であり勧奨活動をしている小山浩子さんを講師にむかえて実施する食のセミナー第2弾。今回は以前より要望する声の多かった調理実習をあわせ、令和元年12月2日(月)・富士宮市保健センターにて、「食のまち推進室(富士宮市)」のプロデュースでおこわれました。富士宮市は全国でも屈指の酪農王国でもあり、乳和食の効果効用に高い関心が寄せられました。前編と後編に記事を分けておとどけします。

    [続きを読む]

[更新] 2020-01-15

【後編】食のセミナー2019 「乳和食~和食と牛乳の新しいかたち」小山浩子講師の講義&調理実演。
  • 食のセミナー記事の後編になります。生活習慣病の予防、健康維持、和食の良さの再認識など。牛乳やホエイを使った減塩レシピが注目される"乳和食"(NEW-Washoku)の効果効用。今回のセミナーでは乳和食の開発者である小山浩子さんを講師にむかえ、おいしい減塩の基礎知識から調理実演までを学びました。富士宮市は全国でも屈指の酪農王国でもあり、その関心は高くおおくの受講希望者が集まりました。令和元年12月2日(月)・富士宮市保健センターで開催。

    [続きを読む]

[更新] 2020-01-15

【20回記念 しずおか市町対抗駅伝】感動いっぱい。【夢逸品市場】美味しいエントリーいっぱい。
  • 令和元年のラストスパートを飾る「第20回記念県市町対抗駅伝競争大会 < しずおか市町対抗駅伝 >」が、11月30日(土曜)静岡市で開催された。そして同時開催として「静岡県市町対抗物産展 夢逸品市場」もいつも通り行われた。「夢逸品市場」はこの静岡県内35市町が出場する< しずおか市町対抗駅伝 >を盛り上げるため、県内各地の旨いものや名物を集めて販売するもので、富士宮市からはご当地グルメの覇者「富士宮やきそば」が出店。ソースの芳ばしい匂いと華麗なコテさばきで賑わいを後押してきました。

    [続きを読む]

[更新] 2019-12-20

【B-1グランプリ in 明石】報告Part1. 愛のあかし! 令和元年を盛りあげる、食とマチの祭典。
  • 全国各地のご当地グルメが集結し、地域の魅力をPRしあう日本最大級のマチ起こしイベント「B-1グランプリ」が、兵庫県明石市で開催しました。令和元年初となる今回は明石公園の「お城エリア」と、明石市役所周辺の「海峡エリア」という広域に9つの会場を設置。北海道から九州まで55団体が出展し、熱いバトルを繰りひろげました。2日間の模様を2回に分けてレポートします。

    [続きを読む]

[更新] 2019-12-18

【B-1グランプリ in 明石】報告Part2. 団結のあかし! マンパワー炸裂、食とマチの祭典。
  • 令和元年11月、日本最大級のマチ起こしイベント「B-1グランプリ」が、瀬戸内海(播磨灘)に面し淡路島をのぞむ兵庫県明石市で開催しました。明石公園の「お城エリア」と明石市役所周辺の「海峡エリア」、この大きなふたつのエリアに9つの会場を設置し、北海道から九州まで55団体が美味しい競演を果たしました。2日間の模様を2回に分けてレポートしています。

    [続きを読む]

[更新] 2019-12-18

生落花生の次にくる!? イチ推しは富士宮産ぎんなん。【富士宮の特産品/農産物/銀杏ぎんなん】
  • 串焼き、かき揚げ、茶碗蒸し。寒さが増してくると、ぎんなんの美味しさが恋しくなります。みなさんは富士宮が「銀杏栽培」に力を入れる地域であるのをご存知でしょうか。現在富士宮市内では約10軒の銀杏農家が組合に加入し、杉田エリアなどで「銀杏栽培」が盛んです。また栽培される銀杏は主に3品種で、金兵衛(中粒早生)、久寿(大粒中生)、藤九郎(大粒晩生)をつくっているそうです。今回は組合員でもある富士宮市外神の銀杏農家・佐野さんを訪ね収穫等の様子を見せてもらいました。 (*ぎんなんはイチョウの実:殻入り種子。漢字の「銀杏」はややこしく「イチョウ」とも「ギンナン」とも読みます)

    [続きを読む]

[更新] 2019-11-12

【第16回・OBAMA 食のまつり】福井県小浜市で開催。富士宮やきそば、焼き鯖、若狭の海鮮丼などが味の競演。
  • 福井県内および全国各地のご当地グルメが小浜市に集結する、「OBAMA 食のまつり」に「富士宮やきそば」が出展してきました。小浜市と富士宮市は食のネットワーク化による経済の活性化を目指し食のまちづくり交流宣言を結び、「食のまちづくり」交流などの関係が長年続いています。「OBAMA 食のまつり」の参加もその一環になります。*着実に広まる[フードバレーふじのみや]の輪。

    [続きを読む]

[更新] 2019-11-05

<前編>FOOD VALLEY(フードバレー)15周年記念祭 【 2019 FUJINOMIYA FOOD VALLEY 15th 】
  • 「フードバレーふじのみや」は平成16年(2004年)に構想が提唱され始まりました。フードバレーは食資源で地域振興や住民生活の豊かさなどを目指すもので、その名前はアメリカのシリコンバレーの興起になぞられています。事業活動は今年で15年を数え、フードバレーの輪は大きく広まりました。今回の記念祭にも「食のまちづくり」を通じて交流・連携をしている福井県小浜市、北海道帯広市、熊本県、東京農業大学、日本大学が富士宮市に集結。ひとつの節目を祝いつつ、未来に向けて新しい一歩を踏みだしています。

    [続きを読む]

[更新] 2019-10-08

<前編>富士宮市「フードバレー15周年記念祭・交流会」を開催!!【 FUJINOMIYA FOOD VALLEY 15th 】
  • 平成16年(2004年)4月の「フードバレー構想キックオフ大会」(フードバレー構想発表ほか)に始まった富士宮市のフードバレー事業。ことし令和元年(平成31年・2019年)に15年を数えました。これを機に、「FOOD VALLEY 15周年記念祭」(9月22日)が企画され、その前夜の21日(土)には「フードバレー15周年記念祭・交流会」が開かれました。「フードバレー15周年記念祭・交流会」には、これまでの様々な事業活動を通じて関わった多くの方々が集い。歳月の流れを振り返りながら感謝を伝えあったり、フードバレー事業について意見交換をするなど、とても有意義な時間を過ごしました。

    [続きを読む]

[更新] 2019-10-03

富士宮市・朝霧高原 食の体験工房<あさぎりフードパーク> TOPICS 2019 SUMMER
  • 「あさぎりフードパーク」(富士宮市根原449-11)は地元特産品の工場見学や購入ができる「食のテーマパーク」ですが、最近はそれだけにとどまらずイベントや企画催事の開催も増えています。特に5haもある広大なドローン広場(野原)は、様々な利用方法が考えられるため、多方面の業界から問い合わせが寄せられているそうです。富士山をバックにしたロケーション、トイレや水道などの施設の設備など含めてみれば、ここまで好条件の場所はそれほどないでしょう。常に動向が気になる施設です。

    [続きを読む]

[更新] 2019-08-02

マックスバリュ富士宮宮原店のスタッフが制作した「オリジナルBBQ超ガイド」に注目してほしい理由。
  • マックスバリュ富士宮宮原店、「宮」の字が2つ入る店名が印象的です。こちらの店舗は、24時間営業、365日無休、大型の駐車場というコンビニと同等以上の利便性に加え、大型スーパーならではの品揃えと価格。また人気キャンプ場や観光施設が多い「市北部エリア」に向かう入り口、県道414号線(朝霧富士宮線)沿いの立地もあいまって。BBQフリークやキャンパーに「頼れる店」として知られているそうなんですが。最近お店で作ったバーベキューガイドが話題になってると聞いたので、真相を確かめに行ってきました。

    [続きを読む]

[更新] 2019-07-31

ヤングコーンのヒゲがこんなに美味しいなんて!! 食べなきゃ損。【 富士宮の特産品/農産物/トウモロコシ 】
  • ヒゲ付きヤングコーンの美味しさが目からウロコ級だって、みなさんはご存知ですか。ヤングコーンまたはベビーコーンと呼ばれるのは、トウモロコシの実が大きくなる前に、ほかの実に栄養をまわす間引きを兼ねて若採りしたもの。その年の気候や地域などで少し変わりますが、5月中旬頃から7月にかけ、皮やヒゲが付いたままのヤングコーンが出回るようになります。もし農産品の直売所などでヤングコーンを見かけたら、ぜひ一度買って、ちゃんと味わってみてください。

    [続きを読む]

[更新] 2019-07-02