このグルメガイドは、静岡県富士宮市が運営する「富士宮やきそば&フードバレー公式ガイド」です。自然環境に恵まれた富士宮市には、ご当地ならではの食材や名物グルメがいっぱい。豊かな「食=フード」が集まる場所という意味で「フードバレー構想」を掲げ、食を通じて富士宮市の魅力をお届けします。

カテゴリーから探す

新着スポット

有限会社三桝屋製菓

スイーツ / 買う
富士宮市 元城町8-25

クックドゥル(やきそばパン)

スイーツ / 買う / 食べる / 富士宮やきそば
富士宮市 上条1799-7

ここずらよ (協同組合・富士山特産品振興会)

買う / 食べる / 富士宮やきそば / 富士宮観光 / 富士登山優待施設 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / ブランド肉・魚 / ニジマス
富士宮市 宮町1-1

柚野農林産物直売所(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 大鹿窪507-1

新稲子川温泉ユー・トリオ

東部 / フードバレーふじのみや / 静岡県温泉協会 / 日帰り / 塩化物温泉 / 富士山&観光
富士宮市 上稲子1219

まかいの牧場 (富士山朝霧高原)

スイーツ / 買う / 食べる / 富士宮観光 / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / 乳製品 / 体験・レジャー
富士宮市 内野1327

【閉店】山宮朝市(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 山宮1575  (JA富士宮・山宮支店)

【閉店】上野朝市(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 上野438-1 (JA富士宮・上野支店)

【閉店】芝川野菜クラブ (農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 長貫1095-18

新着コラム

小澤ベジタブルの直売施設(富士宮市杉田1357)が稼働開始。2021年12月オープン。
  • 富士宮市杉田で100年近く農園を営む小澤ベジタブル。かねてから開設を予定していた直売施設が令和3年12月にオープンしました。ねっとり甘〜い富士宮産の「干し芋」や「焼き芋」のほか、白菜、とうもろこし、生落花生、キャベツなど畑から採れたての季節野菜を販売します。おすすめスポットの誕生です。

    [続きを読む]

[更新] 2022-01-07

ショップ(直売所)&ミルクツアー(工場見学)やってます。【らくのうFactory】まかいの牧場/製造部。
  • ご存知ですか。まかいの牧場(内野1327-1)の牛乳や富士山チーズケーキなどを製造する「らくのうFactory」(内野1361-2)のことを。こちらの施設ではショップでの商品販売ほか、製造工程を見学できる「ミルクツアー」などを体験できます。まかいの牧場から徒歩数分です、ぜひ訪れてみてください。

    [続きを読む]

[更新] 2021-12-10

【ふもとっぱら】冬季限定の「朝霧高原らーめん」、かんげき一杯。金山テラスの紹介Vol.1
  • 朝霧ジビエや地元食材にこだわる場内の食堂「金山テラス」で、魅力的な冬だけのあったかメニュー「朝霧高原らーめん」を発見しました。自分たちで作るキャンプ飯は勿論ステキですが、富士宮ならではの食材を使った「地産地消系グルメ」を見逃さずに味わってほしいと思います。

    [続きを読む]

[更新] 2021-11-22

”えん”を描き繋いで産業を活性化。【キャン×スポ@あさぎりマルシェ】朝霧高原9つの生産者が出店。
  • 富士宮市の大人気キャンプ場「ふもとっぱら(麓156)」で、令和3年度/観光庁「地域の観光の磨き上げを通じた域内連携促進実証実験採択事業」となる、朝霧高原の産業活性化に向けた新プロジェクト「キャン×スポ@あさぎりマルシェ」が始動。11月13日(土)14日(日)にキャンプ場利用で訪れていた人たちは、マルシェの買い物やE-BIKEなどを体験できる2日間になりました。

    [続きを読む]

[更新] 2021-11-16

「富士宮やきそば」の商標を管理運営する株式会社プロシューマーが新しい公式サイトを開設しています。
  • 商標・富士宮やきそばの権利をもつ株式会社プロシューマー(宮町4-23)が新たなウエブサイトを立ち上げました。一般の人たちには分かりにくい知的財産権ですが、商標や著作物の不正利用や偽物の撲滅は大切なことです。これからの成果を見守りましょう。

    [続きを読む]

[更新] 2021-11-10

親しまれ続け、もうすぐ30周年。JA富士宮ふれあい市【富士根朝市】2021秋編
  • 現在JA富士宮の3つの支店でそれぞれに「ふれあい市」を開催しています。今回ご紹介するJA富士宮富士根支店の「富士根朝市」は、平成4年(1992年)にはじまり令和3年(2022年)に30周年を迎えます。コロナ禍の中ですが記念行事ができることを願っているそうです。

    [続きを読む]

[更新] 2021-11-09

パンをテーマにしたイベントを秋空のもと開催。【パンで乾ぱい!×あさぎりフードパーク】
  • あさぎりフードパーク(富士宮市根原449-11)では広く開放的な施設を活かし、いろいろなイベントを定期的におこなっています。令和3年の秋10月23日(土)は敷地面積5万平方メートルの「ドローン飛行場」を会場にして、パンをテーマにした「パンで乾ぱい!」を開催。辺りに美味しい空気があふれました。

    [続きを読む]

[更新] 2021-11-02

まるまる育った富士宮産のサツマイモ、小澤ベジタブル「紅はるか」の収穫が最盛期むかえる。
  • 富士山麓の火山灰土壌を活かしサツマイモ栽培をしている小澤ベジタブル(農園)は、100年近くの歴史をもち市内有数の耕作面積を誇っています。10月から11月中旬頃までは収穫作業の繁忙期。おいしそうなサツマイモが今年もたくさん穫れています。

    [続きを読む]

[更新] 2021-10-21

富士宮産の生落花生を使った土井ファームの「らっかせいジェラート」。秋を彩る風味絶佳。
  • アットホームな牧場「土井ファーム/DOI FARM」のバール・ジェラテリアで、富士宮の特産品である生の落花生を使った「らっかせいジェラート」を発見しました。味わいはミルキーさの中に、ほどよく濃厚なピーナッツ感があります。2ヶ月間足らずと販売期間の短い季節商品になりますので逃さずに堪能してみてください。

    [続きを読む]

[更新] 2021-10-12

富士宮名物の生落花生<ショッピングガイド>。おいしいコツや役立つヒントをご案内します。
  • 過ぎゆく夏、秋の気配を感じるころ、富士宮市内の野菜直売所には生の落花生が並びはじめます。最近はジャンボ系(おおまさり等)の人気が一段落し、通常サイズ落花生の評価が高まっている気がします。生落花生に親しむ地元の常識やこだわりは意外に知られていないのでここで少しだけ説明しましょう。

    [続きを読む]

[更新] 2021-09-30

生の落花生が手に入る富士宮ならではの「ゆるキャン飯」。メスティンで作る「落花生ご飯」。
  • 楽ちんで失敗しないメスティン+固形燃料の調理。誇張ではなく超簡単に「落花生ご飯(炊き込みごはん)」ができました。この手軽さはキャンプ上級者ほど驚くかもしれません。生の落花生が出回る8月初旬から10月末頃まで、富士宮でのキャンプやBBQなどでぜひ味わってみてください。

    [続きを読む]

[更新] 2021-09-30

テイクアウトふじのみや、チラシが完成、配布スタート。利用したいお店を探しましょう
  • 店舗登録などの入力をボランティアで行うサイト「TAKE OUT ふじのみや」の情報をもとに、富士宮市「食のまち推進室」がチラシを制作(約6万部)しました。テイクアウトの利用をして地元の飲食店などを応援しましょう。

    [続きを読む]

[更新] 2021-09-13

富士宮市『食のまちぐるめガイド 2021年度版』ぜひゲットし読んでみてください。
  • 「富士宮市食のまちぐるめガイド」は富士宮の豊かな食資源や特産品、飲食店などの情報をわかりやすく紹介している冊子です。発行日:令和3年3月(印刷部数2万部)。仕様:A5サイズ、P78、カラー。発行:富士宮市フードバレー推進協議会。お問合せ:富士宮市農業政策課「食のまち推進室」。

    [続きを読む]

[更新] 2021-08-30

富士宮の豊かな地場野菜。ブームもあればトレンドもあるんだよ。夏野菜編(2021.8)
  • 富士宮産野菜の魅力は鮮度や品質だけじゃありません。多品種栽培のおもしろさ。挑戦的ともいえる生産者さんの姿勢に、直売所などを訪れるたび発見や驚きがあってワクワクします。見慣れない野菜に出合うと、またひとつ食の世界が広がった気がしますね。

    [続きを読む]

[更新] 2021-08-30