このグルメガイドは、静岡県富士宮市が運営する「富士宮やきそば&フードバレー公式ガイド」です。自然環境に恵まれた富士宮市には、ご当地ならではの食材や名物グルメがいっぱい。豊かな「食=フード」が集まる場所という意味で「フードバレー構想」を掲げ、食を通じて富士宮市の魅力をお届けします。

カテゴリーから探す

新着スポット

柚野農林産物直売所(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 大鹿窪507-1

新稲子川温泉ユー・トリオ

東部 / フードバレーふじのみや / 静岡県温泉協会 / 日帰り / 塩化物温泉 / 富士山&観光
富士宮市 上稲子1219

まかいの牧場 (富士山朝霧高原)

スイーツ / 買う / 食べる / 富士宮観光 / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / 乳製品 / 体験・レジャー
富士宮市 内野1327

【閉店】山宮朝市(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 山宮1575  (JA富士宮・山宮支店)

【閉店】上野朝市(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 上野438-1 (JA富士宮・上野支店)

【閉店】芝川野菜クラブ (農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 長貫1095-18

スーパーぎんこう

スーパーマーケット
富士宮市 下条388-2

【閉店】瓔珞

食べる / 富士宮やきそば
富士宮市 大宮町2-5

DOI FARM バール&ジェラテリア (酪農家の直売店)

スイーツ / 買う / 食べる / フードバレーふじのみや / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 乳製品
富士宮市 下条777-1

Restaurant Mitsu

ふじのくにオープンデータ / エコショップ宣言店 / エコ / エコレストラン
富士宮市 小泉2343-102

新着コラム

しっとり、やわらか、あま~い。コレが富士宮の干し芋!小澤ベジタブルの【富士山麓干し芋】
  • 全国的に多い白い粉を吹いたちょっと硬めの干し芋と異なり、富士宮の干し芋はしっとり甘い、レアな口当たりが魅力。お年寄りや子供たちに優しい味わいという事でも話題になっています。なかでも蜜が溢れるくらい甘い「紅はるか」をつかって作る小澤ベジタブルの干し芋はリピーターが続出、ぜひ覚えていただきたい一品です。小澤ベジタブルは加工所が富士宮市の杉田にあって、この干し芋や焼き芋の直売もしています。富士山ドライブなどの際はどうか寄ってみてください。→販売期間の目安:干し芋加工作業12月中旬~3月中旬頃に準ずる

    [続きを読む]

[更新] 2021-02-22

【富士宮の干し芋づくり】100年近くサツマイモを栽培してきた農家、富士宮市杉田の小澤ベジタブル。
  • サツマイモの生産量では富士宮でトップクラスの農園・小澤ベジタブル。現在4代目となる小澤慎吾代表は「富士宮の干し芋」を新しい名物にするため日夜つとめています。小澤ベジタブルの干し芋づくりに注目してほしい理由は、まず富士山麓の火山灰土壌の自畑で「おいしいサツマイモ」を栽培していること。主流の「蒸し芋」ではなく、手間のかかる薪釜で「茹で芋」を仕込むこと。熱々の芋を手作業でむく加工や天日干しなど本当にいろいろあります。もっちり甘い富士宮ならではの干し芋。その魅力は「富士宮やきそば」に次ぐ地域ブランドになりそうな手応え&食べ応えを感じます。

    [続きを読む]

[更新] 2021-02-22

新しい年を迎えるためのお正月飾りと富士宮くらし。地場野菜の直売所にまつわるエトセトラ。
  • 新鮮な地場野菜がそろっている、リーズナブルに農作物を買えるなど、直売所ならではの魅力はそれだけではありません。年末に市内の直売所を覗いてみると、しめ縄、ごぼう注連、うらじろ、橙ほかが並び、正月飾りの売り場の拡充ぶりがうかがえます。農業が盛んな土地だからこそ作物の豊穣に感謝し神を祀る信仰が、当たり前のように生活に密着している事がよく分かる光景だと思います。

    [続きを読む]

[更新] 2021-02-03

「富士の国乳業」を応援するクラウドファンディングが始まっています。コロナに負けない郷土愛。
  • コロナ禍の影響はさまざまなカタチで各所に及んでいますが、静岡県立農専大生によって「富士の国乳業」を応援するクラウドファンディングのプロジェクトが立ち上りました。「コロナに負けない!酪農家が作った富士の国乳業を応援~子や孫に美味しい給食牛乳を届けたい」という企画名で、資金調達等のサービスサイト「MOTION GALLERY」を利用して支援・資金を募っています。まずはウエブサイト(https://motion-gallery.net/projects/schoolmilk)をご覧になってください。

    [続きを読む]

[更新] 2021-02-01

牛のイラストが目印の堆肥「マスマス元肥」を使った富士宮高校会議所の活動。<マスマス元気プロジェクト>
  • 富士宮市の西町商店街に事務局をかまえる富士宮高校会議所は富士バイオテック(株)と協力して、ニジマスの残渣(ざんさ)と朝霧牛の糞尿を使った堆肥「マスマス元肥(ますますげんぴ)」を作り「マスマス元気プロジェクト」を進行しています。この堆肥を活用したプロジェクトはSDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)にもとづき地域貢献的なビジネスを実践することで富士宮のマチの活性化を目指します。今後の取り組みが楽しみです、高校生たちの活躍に注目してください。

    [続きを読む]

[更新] 2021-01-28

【にしの市】富士宮市の西町商店街で毎月8日に開催、手作り感あふれる等身大のイベント。
  • 西町商店街はJR身延線の西富士宮駅前から浅間大社にのびる商店街。この西町商店街では毎月1回、8日の日に「にしの市」を開催しています。会場は西町商店街の真ん中あたり、手作り料理きくや(富士宮市西町17-2)正面にある「タマガク前駐車場」です。曜日に関係なく、8日の15時に始まることになっていますが。実際は14時過ぎ出店者の搬入とともに販売も開始されるので、14時30分頃には買い物ができるそうです。すこし早めに行って品選びを楽しむと良いでしょう。終了の目安は2時間くらい、時季や商品の売れ行きで多少変わります。

    [続きを読む]

[更新] 2020-12-14

富士山を見上げ歴史と郷を想う。芝川日和〜柚野の里まつり「富士山縄文まつり2020」
  • 縄文時代草創期の遺跡で定住集落跡としては日本最古級であるといわれる「大鹿窪遺跡」(富士宮市大鹿窪1556)を会場にして、芝川日和〜柚野の里まつり「富士山縄文まつり2020」が11月28日(土)に開催されました。悠々とした柚野の大地では各種の無料体験、おいしい屋台の数々、クイズラリーなどが催されています。今回はコロナ禍の関係でこれまでより開催時間を短縮、飲食屋台などの出店数を減らす企画内容でしたが、訪れた方々は思い思いの時間を過ごし楽しんだようです。

    [続きを読む]

[更新] 2020-12-08

インスタグラムやってます!!【富士宮やきそば&フードバレー公式ガイド】公式SNS Instagram ご案内♪
  • 富士宮市の魅力あふれる「食」の数々を紹介しているウエブサイト「富士宮やきそば&フードバレー公式ガイド」(https://machipo.jp/com/fujinomiya)では公式SNSとしてインスタグラムでも情報を発信しています。アカウントは[ fujinomiya_fv ]、名称は「フードバレーふじのみやガイド」です。毎月発信するウエブ記事と連動して、インスタでアップしますので、どうぞお楽しみください。富士宮市役所/産業振興部農業政策課「食のまち推進室」担当事業。みなさまからのフォローお待ちしています。

    [続きを読む]

[更新] 2020-12-07

富士錦酒造の<月替り>生原酒の量り売りと、Yuno Petit Marcheの開催。静岡お出かけ情報。
  • 富士宮市にある4つの酒蔵のひとつ、富士錦酒造では蔵限定の「月替りの生原酒量り売り」販売会を蔵元店頭でおこなってきました。また併せて「Yuno Petit Marche(ユノプティマルシェ)」も同時に開催しています。この富士錦酒造の販売は、通常は火入れさせないと流通できない「生の日本酒」を毎月限定、月替わり、数量限定で買うことができるものです。手に入れにくい生原酒を味わえる機会として回を重ねるほどに人気を高めています。「Yuno Petit Marche(ユノプティマルシェ)」では新鮮な地場野菜や地元農家の加工品、お弁当や菓子など月ごとに変わる出店が楽しみです。

    [続きを読む]

[更新] 2020-12-07

全国に知れわたる大人気キャンプ場ふもとっぱら、竹川代表を迎えた座談会。「富士宮商店街連盟」の活動報告。
  • 新しい生活様式を取り入れる社会で、地域に根ざした個店や小売業の在り方を考え活動をしている富士宮商店街連盟では、富士宮市の大人気キャンプ施設「ふもとっぱら」の竹川代表を囲み座談会を行いました。テーマはコロナ禍の中でも利用希望者が増え続けている施設における感染対策や管理運営体制などについてです。広大な土地に週末平日を問わずに多くの来場者が訪れている事態の配慮や苦労などを竹川代表は具体的に話してくださり、その観点の広さや設備投資の判断の早さなどに参加した皆さんは感銘を受けていました。また「ふもとっぱら」では富士宮特産の「食」についても新しい構想をもっているようです、こちらの展開も今後の楽しみになっています。

    [続きを読む]

[更新] 2020-12-04

富士宮市民の希望をたくして。光が照らしだす神秘的な調和。【世界遺産ライトアップ2020】
  • 「世界遺産ライトアップ2020」と銘打ち、世界遺産富士山の構成資産である富士山本宮浅間大社と、白糸ノ滝ふたつの人気スポットでライトアップがおこなわれ、多くの市民や観光客が光の演出を楽しみました。今年はコロナ禍で富士登山や各種の祭事ができませんでしたが。幻想的なライトアップを見てもらい、世界遺産富士山の魅力や存在を感じることで、気持ちが明るくなるよう願いを込めて開催をしたそうです。「SNS投稿キャンペーン #富士宮ライトアップ2020」も実施。この記事では浅間大社のライトアップの様子をご紹介します。(撮影日:2020/11/16)

    [続きを読む]

[更新] 2020-12-03

晴れやかな気分を求めてくるんです。オープンエアの買い物を楽しむ。令和2年11月の【十六市】
  • JR身延線富士宮駅北口を出てすぐにある富士宮駅前通り商店街で、毎月16日に開催している「十六市(じゅうろくいち)」は2000年6月16日の開始から約20年を数え、すっかり地域に根付き住民生活の一部になっています。2020年の今年はコロナ禍の影響で中止を余儀なくされた事もありましたが、コロナ感染対策などを講じて続けられています。今では出店者もお客もコロナに関わる理解を深めていますが、世の中の状況をみながら「ニューノーマル」を意識した運営をしているそうです。お馴染みさんたちと言葉を交わしショッピングを楽しむ十六市の様子に平穏な日常の大切さを感じました。

    [続きを読む]

[更新] 2020-11-25

約半年ぶりの開催にオープンエアの会場は大いに賑わう。【出張商店街 in あさぎりフードパーク】
  • 「出張商店街」は富士宮市の北部や芝川地区など活性化を目指し、地域間の交流を商店街がつなぐプロジェクト。イメージを簡単にいえば、お客さんに商店街に来てもらう従来の発想を逆転させ、商店街の方からお客さんの暮らす所に出向くものです。2014年から事業をはじめ毎年多くの出張販売をしてきましたが、今年2020年はコロナ禍の影響を受け活動を自粛。アフターコロナ〜新しい生活様式に対応した活動のあり方を模索するなか、富士山の自然豊かな朝霧高原にある「あさぎりフードパーク」を会場に選び特別開催する運びになりました。10月27日の当日は約20の出店が並び、開催を待ち望んでいた各地域の常連客を筆頭におおくの皆さんが買い物を楽しみました。

    [続きを読む]

[更新] 2020-11-02

生落花生の塩茹では、まさに秋の味覚。酒の肴としても秀逸。【富士宮の特産品/農産物/生の落花生】
  • 日に日に秋は深まっていますが、平成2年の夏はどのように過ごされましたでしょうか。富士宮市の特産品である生落花生は地場野菜直売所等に出回る量を徐々に減らしつつも10月末頃まで買うことができます。この生の落花生(茹/炒)は酒の肴として魅力的な存在です。日本酒、焼酎、ビール、洋酒、果実酒、、、。どんなお酒にも合います。思えば今年はイレギュラーな出来事ばかりでしたね。年越し迄まだありますが、富士宮の落花生をアテに、ゆっくり振り返ってみてはどうでしょう。(メイン写真:ジャンボ系の生落花生)

    [続きを読む]

[更新] 2020-10-21