このグルメガイドは、静岡県富士宮市が運営する「富士宮やきそば&フードバレー公式ガイド」です。自然環境に恵まれた富士宮市には、ご当地ならではの食材や名物グルメがいっぱい。豊かな「食=フード」が集まる場所という意味で「フードバレー構想」を掲げ、食を通じて富士宮市の魅力をお届けします。

カテゴリーから探す

新着スポット

スーパーぎんこう

スーパーマーケット
富士宮市 下条388-2

【閉店】瓔珞

食べる / 富士宮やきそば
富士宮市 大宮町2-5

DOI FARM バール&ジェラテリア (酪農家の直売店)

スイーツ / 買う / 食べる / フードバレーふじのみや / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 乳製品
富士宮市 下条777-1

Restaurant Mitsu

ふじのくにオープンデータ / エコショップ宣言店 / エコ / エコレストラン
富士宮市 小泉2343-102

柚野農林産物直売所(農産物直売所)

買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品
富士宮市 大鹿窪507-1

まかいの牧場 (富士山朝霧高原)

スイーツ / 買う / 食べる / 富士宮観光 / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / 乳製品 / 体験・レジャー
富士宮市 内野1327

レストラン志ほ川 バイパス店

和食 / 富士宮市 / 食べる / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 富士登山優待施設 / ブランド肉・魚 / ニジマス
富士宮市 城北町667

ここずらよ (協同組合・富士山特産品振興会)

買う / 食べる / 富士宮やきそば / 富士宮観光 / 富士登山優待施設 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光 / ブランド肉・魚 / ニジマス
富士宮市 宮町1-1

お宮横丁 ぷくいち

スイーツ / 富士宮市 / 買う / 食べる / 富士宮やきそば / 富士宮観光 / fujisanfreewi-fi / 富士登山優待施設 / 見る・遊ぶ / 富士山&観光
富士宮市 宮町4-23

手打ちそば 蕎友館

和食 / ふじのくにオープンデータ / エコショップ宣言店 / エコ / エコレストラン / 食べる / 富士宮観光 / 富士宮市マル秘優良食飲名簿2015 / 富士登山優待施設 / ふじのくに魅力ある個店
富士宮市 城北町15

新着コラム

新元号、令和。【富士宮イベント&おでかけカレンダー】2019年度版(5月~2020年3月)催事ご案内
  • 新元号が「令和」になった2019年の5月1日。ゴールデンウィークは10連休という方も多く、お祭りやキャンプなどで富士宮市内もたいへん賑わいました。さて次はどこにお出かけしましょうか。この夏のお盆休み時期をカレンダーでチェックしてみると、一般的には9連休という可能性もあるそうです。富士山は四季折々の姿を見せてくれますし、富士宮には季節ごとに美味しい特産品がそろい味わえますよ。 FUJINOMIYA CITY SIGHTSEEING GUIDE. 2019-2020. There are many sightseeing spots around Mt. Fuji .

    [続きを読む]

[更新] 2019-05-15

【 新稲子川温泉ユー・トリオ 】バーベキュー場のリニューアルオープン セレモニーを開催。
  • 富士宮市にある「新稲子川温泉ユー・トリオ」では敷地内にあったテニスコートなどを解体し、新しいバーベキュー場や遊具のある公園、芝生広場に整備し直しました。新年号に変わる2019年GWのはじめ、このリニューアルオープンを祝って、セレモニーをおこないました。これからは旧芝川町稲子地区の中心施設として活用し、地域の魅力アップにつなげていくという。なお長らく休業中だった同施設の温泉入浴も4月26日(金)に営業再開しています。

    [続きを読む]

[更新] 2019-05-07

【お宮横丁】おかげさまです15周年感謝祭 を開催。平成からの思いを令和につなげていく。
  • 富士宮市に開館した「富士山世界遺産センター」から徒歩2分、浅間大社前にある複合型店舗の「お宮横丁」。地元グルメや名物が味わえるこの施設が15周年をむかえ、感謝祭を華やかに開催しました。今回は特別に3つの振る舞い企画を用意。大相撲の高砂部屋が考案した「富士山ちゃんこ」、つきたてのお餅、牛丼チェーン「吉野家」のミニ牛丼を来場したみなさんに配りました。感謝祭イベントを知って訪れた方はもちろん、たまたまに遭遇した観光客までいっしょに喜び、そして味わいました。

    [続きを読む]

[更新] 2019-04-23

【 GO OUT JAMBOREE 2019 】 雪化粧の富士山をバックにした、特別な野外空間がボクらを呼んでいる。
  • 静岡は例年に比べ桜の開花が遅く感じられた平成最後の春。富士宮市の大人気キャンプ場ふもとっぱらで、日本最大級のキャンプフェス「GO OUT JAMBOREE 2019」がおこなわれました。いつもながらの多彩で魅力的なアクティビティ、ショッピング、アーティストのライブなどを展開しました。積雪のため残念ながら「あさぎりフードパーク」の特設キャンプサイトの利用は中止になりましたが「富士山わんわんマルシェ」は無事に開催。また宿泊客やドックランをふもとっぱら利用に変更する実行委員会の迅速な対応はさすがのものでした。(メイン写真:富士宮大物産展)

    [続きを読む]

[更新] 2019-04-23

ナイスフィッシュ! 子供からお年寄りまで、たたえあう、よろこびあう。【 第69回 富士宮ますつり大会 】
  • 3月3日の雛祭り(日曜)、浅間大社内「湧玉池」からの湧水を源にする神田川で、「第69回・富士宮ますつり大会」がおこなわれました。雨天にもかかわらず約120名(主催者発表)の太公望たちが市内外から参加。大会で釣り上げられたニジマスまたはアマゴは1匹当たりの重量を競いあい、大人の部と小人(中学生以下)の部それぞれで大物を表彰しました。また同時開催した「第30回・にじます祭り」の「育て鱒(マス)ター」では、自宅で卵から育てたニジマスの稚魚を神田川に放流しています。主催:富士養鱒漁業協同組合

    [続きを読む]

[更新] 2019-03-06

「富士の国乳業」製品の取扱い店【パート1】 富士宮市内の販売店をご紹介します。
  • 富士宮市北山にある「富士の国乳業」が生産する、「ふじのくに富士山ミルク」牛乳と飲むヨーグルトの、一般販売が始まっていることを皆さんご存知でしょうか。富士宮産の生乳を100%使用し、品質と美味しさにこだわる「ふじのくに富士山ミルク」。この牛乳を学校給食だけでなく家庭でも味わえようになったのは、ぜひとも知ってもらいたいトピックスです。取り扱い店を順次紹介していきますので、チェックしてみてくださいね。(メイン写真:土井ファーム)

    [続きを読む]

[更新] 2019-02-12

富士宮やきそば学会 (故)渡邉会長のお別れ会が、1月19日(2019年)におこなわれました。
  • 2018年12月19日に永眠した 「富士宮やきそば学会」会長の渡邉英彦さんのお別れ会が、2019年1月19日に富士宮市田中町の葬儀場・駅南ホールきずなで営まれました。渡邉会長の生前の幅広い人脈や活動を反映し、葬儀場全館を埋めつくす600人以上が参列。幼なじみでもあった須藤富士宮市長は「企画力とリーダーシップにあふれ、これからも力を貸していただきたかった。残念でならない」と述べ故人を悼みました。富士宮市からはこれまでの多大な貢献や偉業をたたえ「顕彰状」が贈られました。エンディングでは参列した方々が富士山をかたどった祭壇に花を手向けました。

    [続きを読む]

[更新] 2019-01-24

バラエティにとんだ富士宮の地場野菜。実はトレンドもあれば、ブームもあるんだよ。<2018-2019冬春編>
  • 豊かな湧き水、火山灰など恵まれた土壌、標高差がうむ気候の違いほか。"日本一の標高"を誇る「富士山の麓」ならではの自然環境の恩恵を受けて、富士宮の素晴らしい地場野菜は生産されている。すでに知名度の高い落花生、たけのこ、銀杏、ワサビ、お茶だけではなく。まだまだ知られていない野菜、もっと知ってほしい農作物は目白押し。今回は特に注目の富士宮の葉野菜、寒い時期に嬉しい青物をピックアップして紹介します。(※メイン画像の野菜はわさび菜)

    [続きを読む]

[更新] 2019-01-18

富士宮オリジナル鍋の 【 富士山ちゃんこ 】 のぼり旗が完成、認定店に配りました。 presented by 食のまち推進室
  • 「日本一の創作鍋のまち」を目指す富士宮市。2018年9月29日に開催された「 ごっつぁん富士宮!! 」 では高砂部屋が考案した鍋を、須藤富士宮市長が「富士山ちゃんこ」と命名しました。今回この鍋の普及活動として「富士山ちゃんこ」認定店用のぼり旗を制作、メニュー提供している市内の飲食店3店に進呈をおこないました。地元民や観光客のみなさんに、この富士宮オリジナル鍋をより知ってもらうきっかけになると思います。

    [続きを読む]

[更新] 2019-01-08

乳和食 ! NEW - WASYOKYU !! 富士宮産の牛乳と健やかな暮らし。【 食のセミナー 】 by 食のまち推進室
  • 生乳生産量が静岡県全体の約50%を占め、全国でも屈指の酪農王国といわれる富士宮市。今回の「食のセミナー」ではこの地元産の牛乳および学乳をクローズアップし、「乳和食〜和食と牛乳の新しいかたち」というテーマで開講しました。講師は料理家・管理栄養士の小山浩子さん。「乳和食で減塩&ウェルエイジング」を題名に、健康寿命百歳を目指すための目からウロコの情報をいろいろと聞くことができました。

    [続きを読む]

[更新] 2018-11-19

東農大で10年以上の活動を続ける 「富士宮フードバレーショップ」。11月にあった「博物館の収穫祭」に行ってきました。
  • ほぼ毎月1回のペースで、東京農業大学の < 「食と農」の博物館 > 1階フロアで、富士宮の特産品の販売やPRなどを目的に開催している 【 富士宮フードバレーショップ 】 (富士宮市と東京農大との包括的連携・関連事業)。11月2日(金)〜4日(日)2018年には東京農業大学の「収穫祭」&「博物館の収穫祭」がありました。いつもに増して多かった来場者のみなさんに、富士宮の食と自然環境の豊かさをプッシュしました。

    [続きを読む]

[更新] 2018-11-06

地元の野菜、鶏肉、ニジマス、酒粕など具材が渾然一体。富士宮オリジナルちゃんこ鍋の振る舞い 【 ごっつぁん富士宮!! 】
  • 富士宮市がすすめる「日本一の創作鍋のまち」その第2弾として、富士宮オリジナルちゃんこ鍋の振る舞い「 ごっつぁん富士宮!! 」を開催しました。ちゃんこ鍋を考案してくれたのは高砂部屋。同部屋の錦島親方(元関脇朝赤龍)や現役力士たちも参加し、当日の雨空を吹き飛ばすかのような、熱気に満ちたイベントになりました。9月29日(2018年)10時~14時、浅間大社・第2駐車場で開催。

    [続きを読む]

[更新] 2018-10-05

<前編> 「親と子の施設めぐり~食のまちコース」 4つの施設をバスでまわる夏休みの見学会。
  • 待望の「富士の国乳業」(牛乳製造工場)が完成し、富士宮市と富士市の公立小中学校に「地元産100%の学乳」を提供できるようになった2018年(平成30年度)。毎年おこなわれる見学会「親と子の施設めぐり~食のまちコース」も、学校給食用の牛乳を中心にしたプログラムでおとどけしました。市役所からは情報発信課・広聴広報係の望月主事と、農業政策課「食のまち推進室」の倉田主事が帯同し見学施設をまわっています。

    [続きを読む]

[更新] 2018-08-17

ホコ天に初夏の風が吹きぬけていく。(第5回)宮町まつり & 富士山世界遺産登録5周年記念祭。
  • 宮町商店街が歩行者天国になる(第5回)宮町まつりが6月17日(2018年)の10時~16時に開催しました。サブタイトルに 「ASOVIVA~ワールドカップよりも熱い商店街」と銘打っただけあって、30以上の出店、スタンプラリー、ミニライブ(にぎわい広場)、動物ふれあい、ボールは友だちなど多彩な企画内容が盛り込まれました。また同時開催として「富士山世界遺産登録5周年記念祭」(浅間大社・境内ほか)もおこなわれともに華やぎました。

    [続きを読む]

[更新] 2018-06-25