納豆店【村松商店】なのに、名物商品は餃子とドーナツ。「納豆店らしくない」のがウリ?

Original

納豆店【村松商店】なのに、名物商品は餃子とドーナツ。「納豆店らしくない」のがウリ?

納豆の製造工場である村松商店。作るのはもちろん納豆ひとすじ……かと思いきや、餃子やドーナツも製造販売するという一風変わったラインナップが特徴だ。いったいなぜ、納豆店に餃子やドーナツが? 店主に話を聞くと、そこには「とにかくやってみよう」という探究心と、「他にはない商品でお客さんに喜んでほしい」という想いがあった。

ご主人チャレンジ精神が新たなファンを生む。納豆店のオリジナル餃子にオリジナルスイーツ。

今年、創業から36年目になる「村松商店」(2017年現在)。
もとは豆腐店で運転手をしていたという店主・村松さんが始めた納豆店だ。
運転手から納豆店への転身のきっかけはというと、「配達先で、納豆が品切れしているのを目にして気になっていたから」。
納豆の品切れが気になったから納豆店を起業するという発想が、なんともシンプルというか大胆というか。

とはいえ、納豆についての知識が何もない村松さん。一念発起し、納豆について一から勉強を始めたそう。
納豆の加工工場を建設し、約半年後に試作品が完成。記念すべき商品「田舎納豆」が誕生した。
その後、なんと村松さんはオリジナル納豆菌を発見。
また、納豆の品質向上を目的に毎年開催されている「全国納豆鑑評会」で県知事賞を受賞するまでに。
使用するのはふっくらした国産大豆。噛むほどに、豆の甘みと香りが感じられる。


現在販売している納豆は6種類。
大粒の北海道産大豆を使った「田舎納豆」は85g×2パック ¥180。
市販の一般的な納豆が1パック30~50gであることに比べるとボリューム大。


こちらは、1つのパックにねぎ・うずらの卵・納豆のタレがセットになった「ねぎ入り納豆」¥135。
彩りもきれいな卵のせ納豆をすぐに手軽に食べられる。
「こんな商品があったらいいな」というお客さんの声にこたえるアイディア賞だ。

その後、事情により工場をいったん閉鎖することに。
お客さんから、「おたくの納豆はどこで買えるのか」という問い合わせが続いたそう。
この声に再びこたえるべく、2年後に工場を再開……。

ここからが、「オンリーワン」な村松商店のスタート。
これまでどおりの納豆に加え、納豆を使ったオリジナル商品を発売することに。

先にも書いたとおり、店主がもともと専門知識を持っていなかったこともプラスに働いた。
常識にとわられない柔軟な発想と持ち前のチャレンジ精神で、さまざまな新商品を企画。
味や品質はもちろんだが、同じくらい重視していたのが「話題性」。
「納豆店が納豆じゃないものを売り出すという話題性、おもしろさを出したかったんです」と村松さん。


その第1弾が【納豆餃子】。(写真は20個入り)

納豆をアレンジできるものはないか、組み合わせておいしくなるものはないか。
料理番組や雑誌でヒントを探していたときにひらめいたのだそう。ひらめいて、「これは、いける!」と思ったとか。


焼いた見た目は普通の餃子と変わらない。
具はキャベツ、玉ねぎ、ヨーグル豚、にんにくなどで、ここに練ってつぶした納豆が入っている。
一口パクッ。ネバネバ感はなく、味も納豆に気づくほどではない。

「普通の餃子と同じように仕上げてあるので、納豆の粘りや匂いが苦手な方も召し上がれます。
納豆が入っていることで栄養価が高まるという点が特徴だと思っています」と村松さん。
なるほど、餃子を食べながら納豆の栄養をとれるとは、なんだか得したような気分。


オリジナル商品の第2弾は「ベイクドなっとうドーナツ」。
プレーン¥140、その他の味 ¥150

油で揚げず焼いて仕上げるのでヘルシー。納豆入りの生地は、餃子同様ネバネバ感や匂いはなし。
常温でもおいしいが、レンジやトースターで温めるとふわっとした食感になりおいしさアップ。
また、一般的なドーナツより歯ごたえがあること、揚げたものより日持ちがすることも特徴。
納豆入りというユニークさ・栄養の高さから、子どもや孫へのおみやげに購入する人が多い。

ここまで話を伺って、村松さんはさぞや納豆がお好きなのでしょうねと思ったところに、
「実はあまり納豆は好きじゃないんだよね」と、笑顔で衝撃の告白。なんということ!
数々の納豆メニューが生まれたのは、納豆愛以上に、好奇心や探究心の賜物であるようです。


餃子は自店のほか、「JA富士宮ファーマーズマーケット う宮~な」でも販売。
実は、納豆の入っていない普通の餃子も作っておりこちらも好評。
な、納豆屋さんの枠を超えている……!

◆村松商店(村松商店)

TEL 0544-27-7419
富士宮市小泉2093-30
8:30~18:30
日曜休み
駐車場6台あり
※店は富士根保育園のすぐ隣。

このコラムで取り上げたスポット

  • JA富士宮ファーマーズマーケット・う宮~な (農産物直売所)のサムネイル
    『 う宮~な 』の基本コンセプトは、「 地産地消 」「 農業振興 」「 食の安心安全 」の三つ。たとえば、出荷会員は生産履歴をきちんと記帳する、栽培基準等を守るなど、良い品を供給するための努力を重ねている。オープンして7年、年を追うごとに市外からも注目を集め、施設等の拡充もすすむ。各種クレジッ...

    富士宮市 外神123

    買う / 直売所 / フードバレーふじのみや / 野菜・肉・乳製品