多彩で自由なアウトドアブームの最前線へ。【 GO OUT JAMBOREE 2018 】 4月13日(金、前夜祭)・14日(土)・15日(日)に開催。

Original

多彩で自由なアウトドアブームの最前線へ。【 GO OUT JAMBOREE 2018 】 4月13日(金、前夜祭)・14日(土)・15日(日)に開催。

この春も日本最大級のキャンプフェス 「GO OUT JAMBOREE 2018」が静岡県富士宮市で開催しました。メイン会場は野クル好きの女子を筆頭に全国的に知名度を高める「ふもとっぱら」。さらに今回は特設キャンプサイトとして、富士山麓の食と自然が融合する観光施設「あさぎりフードパーク」が加わり話題騒然。泊まりはもちろん、「日帰り入場」 でも120%満喫できるものでした。

ふもとっぱら & あさぎりフードパークの現場をリアルレポート。

ショッピング、アーティストのライブ、アクティビティ、ワークショップなど。わくわく楽しい企画が盛りだくさん。

ふもとっぱら(メイン会場:富士宮市麓156)


会場に向かうときの高揚感がたまらない。この一瞬が大好き、フェスあるある。


朝10時の販売スタートから大盛況のブランドアベニュー。50軒以上が出店、特別価格がてんこ盛り。


行列のできるブースが幾つも。ショッピング目的なら日帰りでも1人でも全然大丈夫。


メイン会場の「ふもとっぱら」を東西に貫くメインストリート、FUMOTOPPARA ROAD。


親子で楽しめる、子供向けのアクティビティやワークショップが盛りだくさん。 Kids Fild


いたるところに子供たちが大好きな仕掛けがスタンバイ。自由気ままに遊べる。


びっくり仰天、なんと朝霧高原にモーターボートやマリンジェットが出現した。


いつもよりワンちゃん連れが目立っていた気がする。正直うらやましいぞ。

14日昼過ぎから雨がポツリ15日の昼頃にあがりました。


さすがキャンプフェスの来場者、雨対策も万全。アクティブに会場を練り歩く。


今時のレインウエア&グッズはカラフルでファッショナブル。会場が華やぎます。


やっぱり子供は遊びの天才。少しくらいの雨はむしろ演出。 ふりすびーぱーく

富士宮大物産展(マーケットエリア)


菓子処・藤太郎、FUJIYAMA HUNTER’S BEER、あかねファーム&Cloud-Hat、SFJ COFFEE&ROASTERSが出店。


FUJIYAMA HUNTER’S BEERはジビエ加工品等を販売。地場産クラフトビールの無料配布も行った。


長年出店し続ける富士宮市の人気菓子店・藤太郎。リピーターからの支持もアツい。


朝霧高原の牛乳や卵を使ったスイーツが買える藤太郎はとても貴重な存在。

あさぎりフードパーク 特設キャンプサイト(富士宮市根原449-11)


今回新たに「あさぎりフードパーク」特設キャンプサイトが登場し大きな話題に。
「道の駅 朝霧高原」に隣接。


トイレなど水回りは観光施設だけに快適&クリーン。キャンプ初心者でも安心。


東京ドーム1個分という広大な牧草エリア。まだまだ余裕あり、今後の展開に期待。


「ふもとっぱら」から「あさぎりフードパーク」の間を無料のシャトルバスが運行。


駐車スペースは特設キャンプサイトに隣接。愛車の真横にテントを張れました。


特設のFOODPARK STAGE。ミニライブ&DJブース、宮古島食堂の店などを備えていた。


FOODPARK STAGE内はほっこり和める雰囲気。「あさぎりフードパーク」施設自体は無料なので一般客らも自由に楽しめました。手持ちキャンプする場合に「1泊2日入場券」が必要。

GO OUT JAMBOREE 2018

4月13日(金、前夜祭)~15日(日)
メイン会場:ふもとっぱら(富士宮市麓156)
キャンプ会場:富士オートキャンプ場ふもと村(富士宮市麓174-1)
キャンプ会場:あさぎりフードパーク(富士宮市根原449-11)

< お知らせ >

平成30年4月より「食のまち推進室」(富士宮市役所・産業振興部)の課名が変更しています。 新)  農業政策課・食のまち推進室 旧)  農政課・食のまち推進室 (弓沢町150、TEL:0544-22-1691)

関連URL

あさぎりフードパーク

GO OUT CAMP vol.13 (ミス富士山とめぐる)