富士宮の4つの酒蔵が力を合わせ、東京渋谷で一週間のアピールタイム。「静岡県・富士宮フェア」 at 東急百貨店東横店

Original

富士宮の4つの酒蔵が力を合わせ、東京渋谷で一週間のアピールタイム。「静岡県・富士宮フェア」 at 東急百貨店東横店

FIFA ワールドカップ・ロシア大会で熱狂したばかりの渋谷で、富士宮の地酒をそろえた試飲&販売会「静岡県・富士宮フェア」を開催し熱い視線を集めてきました。開催場所は東急百貨店東横店・地階、期間は7月19日から25日まで(2018)。期間中は4つの酒蔵それぞれのスタッフが交代で店番に立ちました。このフェア参加は昨年より実施する「首都圏でのシティーセールス」の一環になり、「富士宮ブランド」「ふるさと納税」「ふじのみやフードバレー」などのPR活動も兼ねています。

東京のみなさん、これが富士宮の富士高砂酒造、牧野酒造、富士正酒造、富士錦酒造です!

富士宮の酒造りは、ふんだんに使える霊峰・富士山の湧水に支えられている。2020年の東京オリンピックに向けて、これからもっと注目を集めていくことだろう。


富士宮の地酒がずらりと並び精彩を放つ、日本酒(試飲会)イベントのコーナー。


富士宮の日本酒を知らなかった人たちも、丁寧な商品説明に関心を寄せてます。


実際に試飲することで、購入してくれた方が多数いました。評判は上々。

東急百貨店東横店(東京都渋谷区渋谷2丁目24-1)の担当者いわく、市内すべての酒蔵が協力しPR(地域フェア)に取り組むケースは珍しいそうです。


富士宮市には自慢したい4つの酒蔵があるんです。

●富士高砂酒造

(富士宮市宝町9-25) 銘柄紹介:高砂、ソレイユ、楽、駿州中屋

●牧野酒造

(富士宮市下条1037) 銘柄紹介:富士山(登録商標)、白糸

● 富士正酒造

(富士宮市根原450-1) 銘柄紹介:富士正、げんこつ

● 富士錦酒造

(富士宮市上柚野532) 銘柄紹介:富士錦、海と空、サクラノカガヤキ


東急百貨店東横店は渋谷駅直結、1日1万人~1万5000人ほどが行き交うそうだ。


富士宮市役所の「地域政策推進室」と「食のまち推進室」が陳列や準備にあたりました。(初日7月19日)


地酒の試飲販売だけでなく、「富士宮市・食のまちぐるめガイド」冊子を配布しPR活動をしました。

関連URL

富士宮の地酒/蔵開き・観光