コラムを探す

コラム一覧
夜の22時まで営業している【 神田川観光駐車場 】& 富士山世界遺産センターのライトアップ。
  • 2017年12月23日に富士宮市にオープンする富士山世界遺産センターはライトアップも話題のひとつ。照明は日没頃から21時(光を弱め~22時完全消灯)まで。この施設は水深3~4センチの水面で建物を映す「逆さ富士」風の演出をしているが、夜間のライトアップでは日中と違った印象を与えてくれる。見物するときはすぐ近くにある市営の「神田川観光駐車場」を利用するとベンリなんですね。

    [続きを読む]

[更新] 2017-12-15

【 鳥獣被害防止対策研修会 】をリポート。全国的に大きくなっている問題、富士宮市にとっても切実な話なんです。
  • 「市街地でイノシシが暴れ住人がケガをした」「道路にシカが飛び出しクルマとぶつかった」といったニュースが近ごろ増えていると思いませんか !? 鳥獣対策は今や全国に広がる大問題。農業や畜産が盛んな富士宮市のフードバレー事業にとっても重要な関心事になっている。市役所の農政課では2017年度も「鳥獣被害防止対策研修会」を12月6日(水)13:00~15:30(午後の部)、北山4区区民館で無料開講し、参加者を募ったところ西富士山麓猟友会の富士宮猟友会メンバーほか約30名が出席しました。<取材記事:研修会・午後の部>

    [続きを読む]

[更新] 2017-12-13

わがマチの旨いもんが集まり競いあう。「 静岡県市町対抗物産展 ・ 夢逸品市場 ( しずおか市町対抗駅伝)」。
  • 毎年12月上旬に開催する 「 しずおか市町対抗駅伝」。その共催イベントとして駅伝同様に熱いバトルを繰り広げるのが 「 静岡県市町対抗物産展 ・ 夢逸品市場 」。各市町自慢の特産品販売がおこなわれ、富士宮市では名物 「富士宮やきそば」 の出店販売をしました。当日は天気も良く、イベント開始の朝10時から多くのお客さんが詰めかけ大盛況。人気の品は早々に売り切れになり、みんなが笑顔でフィニッシュ "ゴールイン”。

    [続きを読む]

[更新] 2017-12-08

朝霧高原で開催しました ! ! (第45回)富士宮市 農業祭 &(第19回)富士地域 畜産まつり( 2017フードバレー グルメコーナー )。
  • 11月の18日(土)と19日(日)の2日間、農業祭と畜産まつりが合同で開催されました。富士宮市と「フードバレー交流都市」の関係を結ぶ北海道帯広市と熊本県のブース出店やスペシャル企画をはじめ。「グルメコーナー」「農畜産物品評会」「稲わらロールレース」「振舞い菓子」「動物ふれあいコーナー」「畜産堆肥無料配布」「畜産獣医の紹介」「本門寺重須孝行太鼓」など内容は盛りだくさん。これまで以上の大きなイベントになりました。

    [続きを読む]

[更新] 2017-11-24

富士宮の白糸小学校4年生たちが ” 芝川ノリ ” の育つ現場をリアルに確かめました。
  • その昔、江戸幕府に献上し、芝川(しばかわ)流域で盛んに生産(採取)されていた芝川ノリ。現在では環境省レッドリストの絶滅危惧種に指定されるほど生育量が減少し「幻の川海苔」と呼ばれている。判明する生育環境は、例えば水の速さ毎秒1~2m(自然界の滝レベル)。水深20cm位まで、水しぶきがかかる場所。水温は11~14度(富士山の湧水に関係)など驚くほどハードルが高い。今回の課外授業では、白糸小4年生が自然に育つノリを直に確認し、ともに生きる水生昆虫と一緒に観察することで「きれいな水」の指標になることを学びました。

    [続きを読む]

[更新] 2017-11-17