弥次喜多と行く 東海道五十三次

Original
イベント
日本遺産認定記念
静岡市東海道広重美術館・由比本陣施設【共同連携企画】
弥次喜多と行く 東海道五十三次

会期:2021年9月14日(火)~11月14日(日)
Part1: 9月14日(火)~10月 17日(日)
Part2:10月19日(火)~11月14日(日)

弥次郎兵衛と喜多八を主人公に二人の珍道中を書いた十辺舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』は享和二年(1802)の初編刊行から続編も含め、21年にも渡り書き続けられた長編の大ベストセラーです。この膝栗毛のヒットは江戸時代の旅ブームの火付け役となり、人々の旅への興味関心の高まりは後の広重の浮世絵版画「東海道五十三次」へと繋がっていきます。
本展では広重が手掛けた二つの東海道シリーズ、『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)と『東海道』(隷書東海道)の浮世絵版画と共に膝栗毛の物語をたどっていきます。弥二さん喜多さんとともに江戸時代の東海道を旅してみましょう。

※各会期で絵画作品は全点展示入替があります。

【関連企画】広重 × ○○ × 静岡市東海道広重美術館
現在でも様々な場所でデザインに使用され、親しまれる歌川広重の『東海道五拾三次之内』。
静岡市東海道広重美術館・由比本陣施設共同連携企画として、2020年に静岡市東海道広重美術館所蔵の『東海道五拾三次之内』を使った企画を実施した企業とのコラボレーション展を開催します。

□会場:東海道由比宿交流館(由比本陣公園内)
□会期:2021年9月14日(火)~11月14日(日)
□休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
□入館料:無料

【関連企画】 講演会 リメイク版「膝栗毛」の展開
『道中膝栗毛』は現代まで様々な派生作品を生んでいますが、元の滑稽本には挿絵が少ないこともあり、絵本や錦絵として書き換えも行われています。展示されている作品を見ながら、戯作の他メディア展開についてお話しします。

□講師:小二田誠二(静岡大学 人文社会科学部教授)
□日時:2021年10月23日(土)13:30~15:00
□参加費:無料 ※入館料別途
□定員:10名
□申し込み:WEBサイト・電話(054-375-4454)にて申し込み
(先着順 ※定員になり次第受付を終了します)


【関連企画】当館学芸員によるギャラリートーク
□日時:10月24日(日)13:00 ~ 13:30
□参加費:無料※入館料別途 当日当館エントランスホールにお集まりください。
(定員10名、整理券を配布いたします。)

★日本遺産認定記念特別展 相互特典
日本遺産認定記念特別展の連携事業として、下記対象期間中に当館受付にて藤枝市郷土博物館・文学館の入館チケットをご提示、また藤枝市郷土博物館・文学館にて当館の入館チケットをご提示いただくと、それぞれ割引料金でご入館いただけます。

割引対象期間:2021年9月14日(火)~11月28日(日)
割引内容:藤枝市郷土博物館    一般 2割引き(中学生以下は無料)
     静岡市東海道広重美術館 一般 520円→410円、大学生・高校生 310円→250円
                 中学生・小学生 130円→100円


※状況によりイベントが変更になることがございます。詳細は美術館ホームページをご確認ください。




開催日
2021/09/14 () 〜 2021/11/14 (カレンダーに追加
開催時間備考
月曜日休館(祝日の場合開館、翌平日に休館)
開催場所
静岡市東海道広重美術館
主催者
静岡市、静岡市東海道広重美術館
問い合わせ電話番号
054-375-4454
問い合わせメールアドレス
費用・料金
大人520円(410円)/ 大・高校生 310円(250円)/ 小・中学生 130円(100円) ※()内は団体料金
関連URL
【リンク】
備考
【ご来館されるお客様へ】
静岡市東海道広重美術館は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策として、静岡市の公共施設の運営に関する基本方針を踏まえ、感染防止対策を講じた上で開館しています。
ご来館の際は①マスクの着用、②手指の消毒、③社会的距離の確保、④ご連絡先の記入等のご協力をお願い致します。
イベントタグ
静岡市 (902) 清水区 (555) アート (51) 美術館 (19) 浮世絵 (15) 東海道 (11) 歴史 (11)
営業時間
  • 営業時間
    9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 定休日
    月曜(祝日の場合は開館、翌平日休)、年末年始
この場所の情報
  • 421-3103
  • 静岡県 静岡市清水区 由比297-1 
マップ