薩た峠(さったとうげ) Favorite o 0

見る
image0
サムネイル1
歌川広重が浮世絵に描いた、富士山と駿河湾の絶景ポイント
東海道由比宿と興津宿の間に位置し、古くは多くの旅人でにぎわった場所。東海道の難所の一つとして知られたこの峠だが、ここの展望台から眺める富士山は絶景。東名高速道路とJR東海道本線が生み出す曲線が峠の麓で重なり、青い駿河湾と富士山の自然を一層際立たせる。歌川(安藤)広重の東海道五十三次「由井」に描いたともいわれている。彼が描いた浮世絵と現在の薩た峠からの展望を比べてみるのもおもしろい。この絶景を楽しむには、秋から冬にかけての午前中がベストタイミング。
オススメ投稿
ログイン
Thumb COWCOW
東海道で唯一、広重の東海道五十三次そのままの景色が残る場所だよ。峠のてっぺんまでの登るあいだも気色が楽しめるよ。
2016/09/13 11:27
スポットタグ
営業時間
  • 営業時間
    見学自由
  • 定休日
    無休
この場所の情報
  • 421-3115
  • 静岡県 静岡市清水区 由比西倉澤 
駐車場に関する情報
約10台

【アクセス】
JR東海道本線由比駅から車で10分
マップ
Owner o このスポットのオーナーですか? オーナー登録 (無料)をすると、このスポットに商品やイベントを登録できるようになります。登録するには、ログイン して下さい。