Owner o 芹沢銈介美術館 Favorite o 2

見る
image0
サムネイル1
生活に根付くデザインは静岡市の誇り 静岡市出身で、日本を代表する染色家・芹沢_介の作品と収集品を収蔵・展示する美術館。
イベント

<企画展>芹沢銈介が愛した椅子と木箱

M
 芹沢銈介は収集家としても著名で、当館には4500点に及ぶ世界の工芸品が収蔵されています。本展では、その中から椅子40点、木箱60点をご紹介します。家具のなかでも芹沢が好んだのが椅子です。ヨーロッパやアフリカの椅子を中心に、多数の椅子を集め、常に取り替えながら身辺に置いていました。

 また、螺鈿・竹・革などを使った韓国の箱、タイの蛙型の箱、ヨーロッパの曲げ物の箱、メキシコの木箱、インドの金庫など、芹沢が集めた各国の木箱をお楽しみいただきます。

 展示室前半には、「寿の字のれん」「布文字春夏秋冬二曲屏風」「小川紙漉村文着物」「李朝の函文帯地」など、芹沢銈介を代表する作品70点を展示いたします。
展示会・催事イベント
 2019/12/12 () 〜 2020/03/22 (カレンダーに追加

<企画展>暮らしを彩る~芹沢銈介の生活デザイン~

M
 芹沢銈介は暮らしにとけ込み、暮らしを彩る品々の制作を常に心がけてきました。のれん、着物などはもちろんのこと、本、カレンダー、うちわ、扇子、年賀状、クリスマスカード、包装紙、マッチ、酒瓶のラベルなど、多彩な品々を手掛け、型染による温かみのある生活デザインを人々の暮らしに届けました。芹沢のデザインは型染にとどまらず、家具や木工、樺細工、花筵(はなむしろ)、緞通(だんつう)などに及び、また店舗の装飾や緞帳(どんちょう)、建築、ステンドグラスのデザインなども手掛けています。

 本展覧会では、500点という資料を通じて、暮らしを見つめ続けたデザイナ―芹沢銈介の足跡をお楽しみいただきます。芹沢ファン必見の展覧会です。
展示会・催事イベント
 2019/07/14 () 〜 2019/11/24 (
このイベントは終了しました
オススメ投稿
ログイン
営業時間
  • 営業時間
    9:00〜16:30
  • 定休日
    月曜、祝翌日、展示替期間中(年3回)、年末年始
この場所の情報
  • 422-8033
  • 静岡県 静岡市駿河区 登呂5-10-5 
マップ