Owner o 登呂遺跡・登呂博物館 Favorite o 3

見る / 学ぶ
image0
サムネイル1
サムネイル2
サムネイル3
日本で初めて弥生時代の水田跡が発見された国の特別史跡・登呂遺跡。復元された住居・高床倉庫・祭殿・水田などが見学できる。隣接の「登呂博物館」には、登呂遺跡から出土したクワやスキなどの農具や、土器・木製の容器といった生活用品など、考古資料や学史資料が展示されている。2016年には出土品のうち775点が重要文化財に指定。弥生体験展示室では、弥生時代の登呂ムラの生活情景を“ミニ登呂”として再現。弥生人になった気分で、ウスとキネを使った脱穀や火起こしなどの模擬体験ができる。弥生体験展示室のある1階は入場無料で、どなたでも気軽に体験をすることができる。
イベント

秋季企画展「芹沢銈介と考古(学)」

M
静岡市出身の染色家・芹沢銈介(1895~1984)は、世界各地の工芸品の収集家としても知られています。
その中には日本の考古資料も約50点含まれています。それらはすべて芹沢銈介の厳しい審美眼に適った「うつくしい」ものです。
彼はどのような目で考古資料を見たのか。それらは一般的な考古資料とどう違うのか。
考古資料をとおして、芹沢銈介の「もの」に対するまなざしをみていきます。

【会期】
2019年10月5日(土)~2019年12月1日(日)

【時間】
9:00~16:30

【休館日】
月曜日、祝日の翌日(10月14日、11月4日、11月24日は開館)

【会場】
静岡市立登呂博物館 2階 特別・企画展示室
静岡市駿河区登呂5-10-5

【観覧料】
一般300円、高・大学生200円、小・中学生50円

【URL】
http://www.shizuoka-toromuseum.jp/


◇企画展関連事業◇
1 講演会「芹沢銈介と考古資料」
 芹沢銈介が集めた考古資料とその見方について、長男であり考古学者でもあった芹沢長介の話を交えながら紹介、解説します。

 ◎イベント情報
 講師 濱田 淑子(元東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館)
 日時 2019年11月9日(土)13:30~15:00
 場所 登呂博物館1階 登呂交流ホール
 料金 100円(観覧料別)
 定員 60人(要予約・先着順)
 申込 10月5日(土)9:00~登呂博物館にて受付開始

2 ワークショップ「登呂の柄でハンカチを染める」
 芹沢銈介にちなみ、登呂遺跡からの出土品の図柄を切って、型紙をつくって、染めて、オリジナルのハンカチを作ります。

 ◎イベント情報
 講師 増田 美佳(増田あいぜん工房)
 日時 2019年11月3日(日・祝)10:00~15:00
 場所 登呂博物館1階 登呂交流ホール
    増田あいぜん工房(静岡市駿河区石田一丁目)
 料金 2,000円
 定員 15人(カッターナイフを使えない方は保護者同伴)
 申込 10月5日(土)9:00~登呂博物館にて受付開始

3 展示解説
 当展示の魅力や見どころを解説します。

 日時 10月12日(土)、11月2日(土)、11月23日(土・祝)
    各日11:00~、14:00~
 場所 登呂博物館2階 特別・企画展示室
 費用 無料(要観覧料)

イベント
 2019/10/05 () 〜 2019/12/01 (
このイベントは終了しました
オススメ投稿
ログイン
Machipo no profile no-name
博物館の前は広い公園になっていて、小川もあったりして子どもがはしゃぎます。
たまに登場することがあるトロベーがとってもかわいいです。
2017/04/19 23:46
営業時間
  • 営業時間
    9:00~16:30(博物館)
  • 定休日
    月曜、祝日・振替休日の翌日、年末年始 ※臨時休館、臨時開館あり
この場所の情報
  • 422-8033
  • 静岡県 静岡市駿河区 登呂5-10-5 
駐車場に関する情報
バス(マイクロ含)1500円/回、普通乗用車400円/回
8:30~17:00(最終入庫は16:30まで)
マップ