しずまえ鮮魚図鑑

用宗漁港、清水港、由比漁港の3つの港で水揚げされる魚介類を「しずまえ鮮魚」といいます。ここでは代表的な美味しい「しずまえ鮮魚」たちを紹介します!

マイワシ

約20cmになる。体に7つの黒い斑紋(はんもん)があるのが特徴。大きく口を開けながら泳ぎ、プランクトンなどを食べる。
写真提供:東海大学海洋科学博物館
監修:東海大学海洋科学博物館

タチウオ

1.5mになる。歯は鋭く、下顎(したあご)が上顎(うわあご)より突出する。腹びれと尾びれがない。群れをつくり、200m 以浅の砂泥底の近くにすみ、夜間に海面近くに上がってくる。体表の銀粉はマニキュアの原料にもなる。
写真提供:東海大学海洋科学博物館
監修:東海大学海洋科学博物館

マダイ

全長100cmにも達する。水深20~200mの岩礁や小石まじりの海底近くにすむ。体色はあざやかな赤色。尾びれのふちの黒いのが特徴。青い斑点がちらばる。
写真提供:東海大学海洋科学博物館
監修:東海大学海洋科学博物館

クロダイ

浅い内湾、藻場(もば)、河口域にすんでいる。オスからメスへと性が変わる。体長は60cmになる。
写真提供:静岡県水産技術研究所
監修:東海大学海洋科学博物館

ヒラメ

成長すると80cmになる。水深100~200mの砂底、砂泥底にすむ。昼間は砂の中にもぐり、夜間に活動する。
写真提供:東海大学海洋科学博物館
監修:東海大学海洋科学博物館

コウイカ

体の中に甲を持っていることから、コウイ力と呼ばれる。コウイ力の学名にはセピア色を表す「Sepia」という言葉が使われており、その名のとおりコウイ力の墨が古くはインクや染料として使われてきたことを示している。
写真提供:東海大学海洋科学博物館
監修:現代おさかな事典 漁場から食卓まで

イセエビ

体長30cm以上の大型の食用えび。
写真提供:東海大学海洋科学博物館
監修:東海大学海洋科学博物館

マナマコ

体色によってあかなまこ・あおなまこと呼ばれる。
写真提供:東海大学海洋科学博物館
監修:東海大学海洋科学博物館

サクラエビ

体長は、4~5cm。日本で唯一駿河湾でしか水揚げされない。昼問は水深200m~300mに生息しているが、タ方から夜にかけて水深20m~60m付近まで浮上する。寿命は、15~18ヶ月。
写真提供:静岡県水産振興課
※静岡県HP県内主要魚種の動向資料から一部引用

シラス

様々な魚の稚魚の総称。食べられているシラスは主に力タクチイワシやマイワシなどの稚魚が多い。
写真提供:静岡県水産振興課
※稚魚=魚の子どものこと。

マアジ

日本各地の沿岸に生息し、内湾や瀬に定着する瀬付きのものと沖合を回遊するものがある。初夏から夏が旬。寿命は5歳程度。刺身やたたき、小さな物は唐揚げにしてもおいしい。
写真提供:静岡県水産振興課
※静岡県HP県内主要魚種の動向資料から一部引用

ゴマサバ

日本周辺でとれる代表的な魚。切り身や鮮魚で使われるほか、ラーメンやそばの出汁に欠かせないサバ節の原料としても利用される。マサバと異なり、お腹にゴマ模様があるため、スーパー等で見かける切り身の状態でも見分けがつく。寿命は6 歳程度。静岡市では、定置網で主に漁獲される。
写真提供:静岡県水産振興課
※静岡県HP県内主要魚種の動向資料から一部引用

マサバ

日本周辺でとれる代表的な魚。静岡県で水揚げされるマサバは、初夏に工サを求めて北海道の南から東北の沿岸地域へ北上していた群れが、産卵のため冬から春にかけて南下回遊して来たところを漁獲したもの。寿命は8歳程度。静岡市では、定置網で主に漁獲される。
写真提供:静岡県水産振興課
静岡県HP県内主要魚種の動向資料から一部引用

ホウボウ

沿岸の海底にすんでおり、底曳網や定置網で漁獲される。胸びれの一部が脚のように変形しており海底を歩くように移動できるほか、速く泳ぐ時には蝶の羽のような美しい胸びれを広げて移動することもできる。煮つけにするととても美味しい。
写真提供:静岡県水産技術研究所

サワラ

日本沿岸に分布し、体長は1mほど。瀬戸内海のものが有名だが、静岡市では定置網で漁獲される。
写真提供:静岡県水産振興課

ブリ

日本各地に分布し、多くは沿岸域の水深30~100m層を泳ぎながら、北海道~鹿児島まで広く回遊する。寿命は7歳程度。成長するにつれて呼び名がかわる。尾叉長60cm以上の3歳魚以上。
写真提供:静岡県水産技術研究所
※静岡県HP県内主要魚種の動向資料から一部引用

ヤマトカマス

体長は20~30cm。ア力力マスは「本かます」。ヤマトカマスは「ミズカマス」とも呼ばれている。静岡市で行われている定置網漁では、両方が漁獲される。
写真提供:静岡県水産振興課